ドラクエ9をつまらなくプレイする方法

ドラゴンクエスト2の図
初期の頃のドラゴンクエストは、回復魔法があと何回使えるかを計算して進むようなシビアなものでした。その頃からプレイしている人なら、あっという間にクリアしちゃう人もいるかもしれません
さて、いくつか特徴的なシステムを取り上げてお話してきました。これらを踏まえて、ドラクエ9をつまらなくプレイするにはガイドが考える限り2つの方法があります。

ひとつは限りなく効率的にプレイする方法。装備も職業もスキルも1番数字の良いものを選択し、モンスターと戦う回数は極力少なくし、クエストも宝の地図も無視する。あっと言う間にクリアできますが、なんとも味気のない、バランスの悪いゲームに感じるでしょう。

もう1つは、プチプチをひとつずつ潰すように全ての要素を網羅するプレイの仕方。あらゆる装備を集め、その為にシンボルエンカウントを利用して同じ敵とばかり何度も戦闘を繰り返し、マップ上のアイテムを拾いにいったり、クエストや宝の地図をひたすらクリアしていく。おそらく前述のプレイ方法よりは楽しめると思われますが、あまりに膨大な量に絶望し、目的を達成する快感を味わうより前に挫折感を味わってしまうかもしれません。

この2つの遊び方、効率的に攻略したり、徹底的にやりこんだりするプレイは、従来のドラクエであれば、コアユーザーの遊び方ではありますがそれ程特殊なプレイではありません。ここで、批判の素が生まれます。今までドラクエを楽しんできたユーザー、しかもかなり遊びなれているコアなユーザーが、これまでと同じように遊ぼうとすると、なんじゃこりゃ、となることがあるんです。もしかすると、発売日に並んで買うような期待感に溢れるユーザーほど、このカウンターパンチをくらってしまったのかもしれません。

ドラクエ9を楽しくプレイする方法

電車の図
都内で電車に乗ったりすると、次から次にすれちがい通信で色んな人のデータを受信します。プレイ人口の多さを実感できますね
ドラクエ9をつまらなくプレイする方法をお話してきましたが、じゃあドラクエ9はクソゲーなのかと言うと、冒頭で申し上げた通り全く逆で、とても練りこまれたソフトであると思います。楽しんでいる人はどんな風に楽しんでいるのでしょう?

キャラクターメイキング、装備、スキル、それらを単に敵を倒すためではなく、本当にキャラクターを作っていく遊びだと捉えて遊ぶ人達がいます。そうすると、キャラクターの外見はもちろんのこと、戦闘で使うスキルや、ステータスもあわせて、とても多彩なキャラクターメイキングを楽しむことができます。

シンボルエンカウントはプレイに幅を持たせます。さっさと本編をクリアしてしまいたい人は、実に素早い時間で攻略することもできますし、経験値の高いモンスターを色んなスキルを獲得させることに利用して、キャラクターメイキングを楽しむこともできます。目の前の敵を倒しながら進んでいけばいつもどおりのドラクエです。

自分だけのプレイヤーキャラクターを作ったら、それを使ってコミュニケーションを楽しむ用意が今回のドラクエ9にはあります。ワイヤレス通信機能を使ってマルチプレイを遊ぶことができます。たくさんあるクエストや宝の地図はまさにこのために用意されていて、みんなで一緒にプレイするとまるで別物のように面白くなります。マルチプレイまでいかなくても、すれちがい通信機能を使って、いろんな人とキャラクターやプロフィールの見せ合いっこをすることもできます。流石に国民的RPG、ちょっと人の多い場所に行くだけで簡単にすれ違い通信に成功できます。

ドラクエ9のような極めてメジャーなゲームで、楽しめる人と、そうでない人に大きく分かれるということは、ゲーム業界のスタンダードが変わりつつある、ということを意味しています。