新しいお客さんには、教えてあげなきゃ分からない

ドラクエの図
ドラゴンクエスト9がDSで発売されることで、新しいユーザーを獲得して売上げを伸ばすチャンスがあると考えるなら、新しいユーザーに向けてどんなゲームか教えてあげる必要があるかもしれません(イラスト 橋本モチチ
企業のコミュニケーション戦略を考える時、どうしてもテレビCMといった派手な広告宣伝に目が行きがちです。特に任天堂の大々的な広告展開は色んなところで話題にあがります。しかし、そういったプル戦略で、広くお客さんを集めたその後、ここが問題になるはずなんです。現場に引っ張ってきたお客さんが、お店をウロウロしたものの結局分からなかったではものは売れません。大々的な広告展開も威力半減です。

DSは、高齢層などのゲームをしなかった人達も取り込んだハードですから、特にそういった点には気を使っているのだと思います。しかし、これはどのハードでも、あるいはゲームソフトについても、新しいお客さんを増やしていこうと思ったら、同じことが言えるはずです。

ドラゴンクエスト9はRPGというジャンルで、RPGというのはこういうゲームだよと、説明する必要はないのでしょうか? ここ数年で一気に人気の出たモンスターハンターシリーズ、何が面白くて人気なのか、教えてあげなくていいのでしょうか? CMや雑誌で見かけるし、ちょっと興味もあるんだけど、よく分からないという理由で買っていない人がもしかしたらたくさんいるかもしれません。

ゲームに興味を持った人が、安心してゲームを選べる、買える、遊べる、そんな当たり前のことが当たり前にできるようになれば、ゲームはさらに多くの人たちに愛される存在になれるように思います。

【関連記事】
おばちゃんの3割はゲームユーザー!?(AllAboutゲーム業界ニュース)
大人の為のポケモン講座(AllAboutゲーム業界ニュース)
ゲーム業界が届いていない実用ゲーム需要(AllAboutゲーム業界ニュース)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。