DSでRPG

クロノトリガーの図
2008年冬には、スーパーファミコン時代の傑作RPG、クロノトリガーもDSで発売予定。DSはレトロRPGの宝庫ですね。
スクウェア・エニックスが、まだスクウェアとエニックスという別々の会社だった頃のファイナルファンタジー(以下FF)シリーズ、そしてドラゴンクエスト(以下DQ)シリーズがニンテンドーDS(以下DS)で遊ぶことができます。

FFシリーズで遊べるのはFF3とFF4。もともとはファミコン、スーパーファミコン時代のドットで表現されたゲームでしたが、DSではポリゴンに作り変えられています。FF3はファミコンで発売されて以来、リメイクされたのはDSが初めて。ジョブチェンジシステム召喚獣など、FFシリーズの基礎を築き上げた作品ですから、やったことの無い人も是非遊んでみて欲しいところです。

【関連サイト】
FINAL FANTASY III(公式サイト)
FINAL FANTASY IV(公式サイト)

DQシリーズは、DQ4 導かれし者たち、そして2008年7月17日にリリースされたばかりのDQ5 天空の花嫁を遊ぶことができます。これらのタイトルはいわゆる天空シリーズと呼ばれている3部作で、最後のひとつ、DQ6 幻の大地もDSでの発売が予定されています。

【関連サイト】
ニンテンドーDS版『ドラゴンクエスト』天空シリーズ(公式サイト)

いずれも、かつてのスクウェアやエニックスが、世の中にその名を轟かせた名作ばかり。面白さは保障つきです。PLAYSTATION3で発売されるFF13やDSで予定されているDQ9 星空の狩り人などの最新作が出る前にかつての名作を遊んでおくのもいいかもしれません。

Wiiでアクション

ロックマンの図
ファミコン時代のロックマンをバーチャルコンソールでリリースしてから、続編をWiiWearで発売だなんて、なかなかニクイことをしてくれます。また、消える足場にもがくことになるのでしょうか
さて、おまたせしました。レトロゲームを遊ぶなら、一番オススメなのはなんといってもWiiのバーチャルコンソール。ファミコンやスーパーファミコンなど8つのハード、任天堂やカプコン、セガなど32のメーカーが参入し、過去に発売された350以上ものタイトルをオンラインでダウンロードし、遊ぶことができます。

ここまで充実していると、何をご紹介していいやらかえって困ってしまうのですが、シューティング、RPGときましたから、ここはアクションゲームなどいかがでしょうか。横スクロールアクションゲームの金字塔、スーパーマリオブラザーズシリーズはもちろん、セガの大看板、ソニック・ザ・ヘッジホッグシリーズ。ナムコの名作マッピーやワルキューレの冒険に、コナミのがんばれゴエモンシリーズや悪魔城ドラキュラシリーズもはずせません。

また2008年7月29日にカプコンのアクションゲーム、ロックマンが配信されています。続いて8月にはロックマン2 ワイリーの謎と続き、9月にはなんと不初代ロックマンシリーズ最新作、ロックマン9 野望の復活!!がWiiWeareで配信されることが決定しています。しかも現代風ではなく、ファミコン風味でのグラフィックで復活です。レトロゲームが配信され、なおかつその続編が登場するというのですからたまりませんね。

【関連サイト】
バーチャルコンソール - Wii(公式サイト)

レトロゲーム特集、いかがでしたでしょうか? 最後は、テレビゲームって、懐かしいと思えるぐらいの歴史がでてきたんだなあという、お話です。