スマブラDXの奇跡

スマブラDXの図
実はGCで100万本以上売り上げたのは、スマブラDXが最初にして最後だったりします。まさに別格。
スマッシュブラザーズシリーズの売り上げは、ニンテンドー64で発売された初代大乱闘スマッシュブラザーズが約160万本、ゲームキューブ(以下GC)で発売された大乱闘スマッシュブラザーズDX(以下スマブラDX)が約130万本となっています。確かに大ヒットしてますが、すさまじいのはその数字よりも、売れ方です。

スマブラDXはゲームキューブが発売された2ヵ月後、2001年11月21日に発売されています。スマブラDXの発売直前のGCの普及台数が約30万台。しかしスマブラDXの初週発売本数がなんと約35万本。そうです、スマブラDXが本体を牽引して、それまでの本体の普及台数以上にソフトを売れてしまったのです。本体の普及台数がマーケットの規模であるというゲーム業界の常識を覆し、そのままGCを引っ張りながら130万本の売り上げまで到達します。

どれほどスマブラDXの為にGCを買った人がいるのか、と言う感じですね。想像を絶する売れ方です。ニンテンドー64も、GCも、初代PlaystationやPlaystation2におされてメジャーとは言えないハードでした。それがWiiという子供から大人まで誰もが知っているメジャーなハードで発売された時、どんな売れ方をするのか、期待が大きく膨らんでいるわけです。

ゲーム業界全体、さらに他業界も巻き込んだ展開

NTTのCMの図
香取君とイッコーさんが、WiFiコネクションを使ってスマブラXのオンライン対戦をするCMなどが放映されています
そんな神がかった売れ方をしたスマブラDXの続編であるスマブラXは、最早任天堂だけでなく、ゲーム業界全体を巻き込む形で作られています。PLAYSTATION3のキラーソフトであると言われているコナミのメタルギアソリッドシリーズの主人公、スネークや、かつてのライバルであったセガの看板キャラクター、ソニックが、メーカーの壁を越えてプレイヤーキャラクターとして参戦。

音楽スタッフにはファイナルファンタジーシリーズの音楽を手がけている植松 伸夫氏に始まり、ロマンシング・サガシリーズの伊藤 賢治氏、ワイルドアームズシリーズのなるけ みちこ氏など、ゲーム業界を代表する音楽家達がズラリ40人近くも参加しています。これらの情報は公式サイトで土日と年末年始を除いたほぼ毎日更新される形で紹介され、日々コアなユーザーを賑わしています。

【関連サイト】
スマブラ拳!!(スマブラX公式サイト)

またCM展開では、NTTと連動。任天堂は2007年11月28日に、NTT東日本、NTT西日本と、Wiiと協業関係ぶことを発表しています。NTTの光ケーブルによるブロードバンド接続サービス、フレッツ光のCMで、スマブラXのオンライン対戦を紹介しています。スマップの香取君が出演するCM、見かけた人も多いんじゃないでしょうか。

【関連記事】
Wi-Fiコネクションってなあに?(AllAboutゲーム業界ニュース)

メーカーの枠、業界の枠を超えて展開されるスマブラX。果たしてどれほどの売り上げを残すのでしょうか。