BDレコーダーの代わりにはならない

こうやってみると配線が煩わしそうにも見えるが、アンテナ線は分配しても良い。
結論から言うと、この製品はかなり割り切った作りをしているためBDレコーダーの代わりにはならない。

BS/CSチューナーが付かないし、BDへの書き込みにも対応しない。
録画フォーマットがビットストリーム、つまり放送データそのままのものになるため容量をかなり食う。レコーダーならば通常画質を落としてデータを節約したモードでの録画にも対応するが、『torne』では対応しない。
その他、現状では録画した番組の編集もできない。
CMカットに対応しない、チャプターも打てない、データ放送にも対応しない。
レコーダーならば搭載して当然の機能がことごとく省かれているのである。

だが、それでもこの製品は非常に魅力的だ。

快適なプレイヤーとしての需要

番組表の一覧性にはかなり期待が持てそうだ。
まずは価格。地デジのみとはいえ9,980円という価格のインパクトは計り知れない。
PS3と1万円があれば簡易的なHDDレコーダーになる、というのは衝撃だ。
またPS3の快適動作にも期待が持てる。
通常HDDレコーダーの動作はキビキビ動くというのには程遠い。
だがPS3ならば、動画ビューワーとしての軽快さには実績がある。
PSPに転送が出来たり、PSPのリモートプレイでも操作ができるというのは重要なポイントだ。
特にリモートプレイでは録画した番組だけでなく、放送中の番組も視聴できる。家庭内の無線LANならばお風呂テレビ的な使い方も可能だ。

またこの製品により、、地デジチューナーのないテレビも地デジ対応に生まれ変わる