製品は割とコンパクト。この中にB-CASカードが入る。
新年から面白いニュースが飛び込んできた。
なんと、2010年3月に発売されるPS3の周辺機器『torne』を利用するとPS3で地上デジタル(地デジ)の視聴・録画が可能になるというのだ。
これってPS3がHDDレコーダーになるってこと?
今回はプレスリリースをもとに、PS3レコーダー『torne』の出来ること、出来ないことを考えてみよう。

実現するのは「簡易HDDレコーダー+α」

実は欧州では2年前に『PlayTV』という地デジチューナーが発売されている。
これは地デジチューナー2基を内蔵し、放送を録画できるという『torne』と同様のコンセプトを持った周辺機器だ。
もちろん日本での発売も期待されていたが、当時記事中で「PS3に接続する地デジチューナー」の可能性について「当面は無理」と書いたことがある。

■関連ガイド記事:PS3がデジタル放送のHDDレコーダーになる!

大きな理由は、日本では地デジの受信にB-CASカードが必要となるからだ。
地デジ対応テレビ、レコーダーにはすべてこのB-CASカードが付いており、地デジの放送には著作権保護のためのコピー制御信号が付加されている。

このため、アナログ放送とは違い録画した番組の取り扱いが難しく、対応は難しいのではないかと思われたわけだ。

しかしそれから2年後、『PlayTV』は『torne』に姿を変えてやってきた。

主な仕様

パッケージはチューナーとソフトからなる。
torneとは?
価格:9,980円
機能:地デジ放送の視聴・録画
番組をPSP用に変換、転送
リモートプレイでも視聴可
録画先はUSB接続先のHDDでも可

注意すべき点は地デジの視聴のみと言う事。BS/CSは対応しない。
接続はアンテナ線を分配するか、TVとの間に中継して接続、PS3とはUSB接続することになる。
録画はPS3がスタンバイモードでも可能だし、ゲームプレイ時もBlu-rayDisc(BD)の視聴時でも可能。ただし初代PS3でPS2タイトルをプレイしている時のみは不可、となっている。

充実した機能の『torne』。いいことだらけにも見えるが、気になるのは果たして「BDレコーダーの代わりとして通用するのか?」という点だ。