おサルさんと南国気分


夏といえばサルです。
とりあえず言い切ってみました。「なんじゃそりゃ」と思われるとこの記事が成り立たなくなってしまうのでそういうことにしておいてください。「夏=サル」です。むしろ「サル=夏」といっても差し支えないでしょう。

PS2の新作ゲーム『サルゲッチュ2』に出てくるサルと言えば、なぜか夏の日差しが良く似合うナイスガイです。暑く降り注ぐ太陽の光の中でバナナを食べる姿! 海辺のライフセーバーよりサーファーたちよりも夏が良く似合う! いや、実際には雪のステージとかもあるんですけどね。

とにかく、特集の締めくくりに『サルゲッチュ2』を大紹介!


『サルゲッチュ2』はこんなゲームだ


頭が良くなるヘルメット「ピポヘル」を被ったモンキーパークのサルたちが、モンキーパークを脱走! 主人公ヒカルは「ガチャメカ」と呼ばれる数々のメカを使いこなしてピポサル(ピポヘルをかぶったサル)を捕まえます。

このゲームは前作『サルゲッチュ』に引き続き、アナログスティック二つを使って遊びます。プレイ感などは引き継ぎつつも操作性は格段にアップ。キャラクターを動かしたりガチャメカを使うだけでも操作の楽しさを味わえる良作アクションゲームに仕上がっています。

ステージが進むごとにピポサルのバリエーションが増え、徐々に使用できるガチャメカが増えていくなど、アクションゲームとして基本的な面白さをしっかり押さえつつ、300匹を超えるピポサルたちそれぞれに名前や性格などが設定されていて愛着が持てます。

さらにステージ上に落ちている「ガチャチップ」を10枚集めると、「ガチャボックス」からカプセルを貰うことができます。このカプセルの中にはミニゲームなどさまざまなオマケ要素が入っていて、これを集めるのもかなり楽しい!