サルに襲われたら!


ゲーム中のピポサルたちも、不用意に近づくと手痛い反撃を喰らいます。「伏せ」や「ハイハイ」などでコッソリ近づいて一気に捕獲するのがコツです。

実物のサルも凶暴で、サルの生息する地域では食べ物を奪われたり、噛まれたり引っ掻かれたりといった被害が後を絶ちません。これは観光客が面白半分にお菓子などを与えて人間に対する警戒心を薄れさせてしまったためだそうです。

ニホンザルはもともと季節にあった食物を求めて移動する習性があるのですが、観光客の餌付けのために移動しなくなってしまったそうです。そこで、日光市では「日光市サル餌付け禁止条例」が制定されました。

その上サルに食物を与えず、唐辛子スプレーや電気柵などで人里への出没を防ぐなど様々な方法がとられているそうですが、サルによる被害はなかなか減りません。最終的には捕殺(読んで字のごとく、の意味です)せざるを得なくなると言うのですから尋常ではありません。

観光客としても、餌付けをしない、食べ物をこれ見よがしに持ち歩かないなどの注意が必要ですね。


可愛くも憎たらしいピポサルたち


もちろんゲーム中に登場するピポサルたちはそんなに凶暴ではありません。愛嬌もあり、敵キャラクターというより愛すべき仲間という印象すらあります。

ピポサルたちをゲットアミと言うガチャメカで捕獲していくと、アルバムで自由に彼らの姿を見ることができます。しかもガチャボックスで手に入るミニゲームのひとつ、フットサルは捕まえたピポサルたちを選手として使えると言う凝りよう! 他にもピポサルで踊るミニゲームなどサービスも盛り沢山。

このゲームをしばらく遊ぶうちに、いつの間にかピポサルに対して愛着を感じてしまうことでしょう。2本のアナログスティックの操作は馴れが必要ですが、ゲーム初心者の人にも挑戦する価値は大いにある! と思います。

今回は面白半分でピポサルと実物のサルと比較してみましたが、こうして見てみるとピポサルたちもそれなりに集団生活をしているのだろうか、とかいろいろ想像してしまいます。

愛嬌があり、驚くほど利口で、集団で生活し、時にとても凶暴なサルたち。ペットにしたいと思ってもなかなかなつかず、人の言うことを聞かないサル。そんな自分勝手で自由なサルとの追いかけっこはとても楽しいですよ!


「ゲームで夏を満喫してみよう!」目次へ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。