ロスレスフォーマットのビットストリームに対応

一部の映画ファン以外には何を言っているかわからないかも知れないが、もし今後あなたがホームシアターを構築する予定があるなら、その時の設定は従来機と新型で若干変わることになる。

そしてあなたが一部の映画ファンなら、当サイトも含めて今紹介されているホームシアター用の設定は旧型用となる。その点を注意されたい。

旧型ではドルビーTrueHD、DTS-HDMAなどのロスレスフォーマットをビットストリームで伝送できなかったが、代わりにマルチチャンネルのリニアPCMに変換して伝送していた。
新型はそれらロスレスをそのまま(=ビットストリームで)アンプに送ることができる。
最終的にロスレスはリニアPCMにデコードされるため、理論上違いはないはずなのだが、最新アンプを所持しているユーザーには(自分のアンプ性能が試せるという意味でも)楽しみな機能になるだろう。

ブラビアリンクに対応

これも新型のみとなるが、ブラビアリンクに対応した。
ブラビアとHDMI接続したとき、ブラビアのリモコンでPS3の操作がある程度可能になるようだ。
詳細はまだ発表されていないが、HDMIでのリンクはビエラリンク、アクオスリンクなどすべてHDMI CECという規格を元に設計されているので、他社製テレビでもある程度の恩恵は受けられるかもしれない(おそらくテレビの電源を切った時にPS3の電源も切れる、といった連携は可能だろう)。

もしこれからテレビを購入するのなら、ブラビアを選択するとちょっとだけ幸せになれるかも知れない。

出荷時の新型PS3は最新版ではない

製造上の事情により、新型PS3のシステムソフトウェアは最新版の3.0ではないという。ネットワーク(か対応ソフトウェア)によるアップデートで初めて最新版となる。

PS3はネットワークで進化するゲーム機であり、ネットワークから受けられる恩恵は計り知れない。
最新タイトルの体験版、デモムービー、動画配信、『まいにちいっしょ』や『Life With PlayStation』、『PlayStation Home』などの無料サービス。
ネットワークにつなぐことで一日では遊びきれないほどの要素が溢れ出てくるのがPS3なのだ。


■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。