俺を、返せ

『どろろ』、と言えば手塚治虫先生の描く戦国伝奇漫画。この『どろろ』がセガによってゲーム化されました。

はや一年前、2003年の東京ゲームショウで見かけて以来首を長くして待っていたこの作品。当然発売日に即ゲットして即プレイの即感動。今回はこの感動を早速お伝えしようと思います。

■関連ガイド記事:あの名作が甦る!どろろ [東京ゲームショウ特集より]

パッケージ
左が初回特典、『どろろ 復刻版』。原作未所持なら是非ゲットしておきたいところ!
パッケージの絵は『無限の住人』で知られる新進気鋭の漫画家、沙村広明氏。氏はキャラクターデザインを担当し、手塚治虫先生の作り出した世界をより洗練された形で再現しています。モンスターデザインは超有名アニメーター前田真宏氏。題字、美術設定は『ゼイラム』などで知られる鬼才雨宮慶太氏。

もう! マニアにはたまらない人選にうっとりです。贅沢すぎます。早速ゲーム開始。


ムービー
ムービーの質はかなり良いですね。ストーリーも良く出来ているのでゲームに没頭できます。
序盤はややムービー多め。奥深い設定を映像でわかりやすく説明してくれます。

ストーリー内容はほぼ手塚先生の原作どおり。父親によって48の魔神に体の48箇所を奪われた百鬼丸が主人公。精巧な義肢によって自由自在に動ける体を得た百鬼丸は、奪われた体を取り戻すために魔神に戦いを挑みます。

俺を、返せ

衝撃的かつ鮮烈なキャッチコピーが物語の内容をわかりやすく示しています。旅の途中で百鬼丸は幼い盗賊どろろと出会い、二人はそれぞれの出生に秘密を抱えながら旅を続けます。

手塚先生の原作では48の体すべてを取り戻す前に物語は最終回を迎え、未完の印象を残す結末となっていました。今回はなんとオリジナルの解釈でその続きが語られると言うこと。これは気になるじゃないですか!

故障?
白黒画面だし音声もなんかちょっと変???
期待に胸を躍らせつつゲームを開始すると最初はなんと白黒画面。な、なんだ!? 故障か?