進化するPS3

 
こちらは東京ゲームショウ2005のXbox360。こうして見ると、縦置きの流線型デザインと言う意味で少し似た印象も。
とにかく性能ばかりが話に上り、機能的には不明な点が多いPS3。どんなことが可能かは想像できても、実際に何が出来るかはなかなか見えてこないのが現状です。

しかしその「何が出来るか」自体、これからのゲーム機にとっては流動的なのかもしれません。

先日のアップデートでPSPがロケーションテレビとして使用できるようになりました。

■関連ガイド記事:PSPがロケーションフリーTVになる!

このようにネットワークアップデートによって新しい機能が追加されていくのはこれからのゲーム機にとっては必須事項になっていくことでしょう。

思えばPSX、PSPもPS3のネットワークアップデートを想定したテストを兼ねていたと言えるかもしれません。

ハードウェアさえしっかりとしていれば、その後の拡張は今や難しいことではないのです。

そして、Cellサーバーとは

で、将来的にはCellサーバーという構想がある。

これは、ネットワーク上にHDDを配置しましょう、という考え方。

現在でもNASというLANに繋ぐHDDがあります。これの延長線上のものです。
*NAS
混同しがちなのですが、NASはいわゆる外付けHDDとは違うものです。LANに接続することによってネットワークのどのパソコンからもアクセスできるというHDDで、中身自体は最小構成のパソコンと言えるものになっています。

さて、ネットワーク上にCellを搭載したHDDがあると何が出来るのか? これは他のCellを搭載した機器(もちろんその筆頭はPS3です)との連携と言うことになります。

例えば空いた時間を使って、サーバー内の映像を美しく再加工する(これを久多良木社長は熟成と呼んでいます)、サーバー内のデータを高速に検索する、など。

これらCellを搭載したあらゆるものが将来繋がってCellコンピューティングと言う一つのネットワークを構築していく、というのが最終的なシナリオとなりそうです。

PS3は確かにゲーム機ではないかもしれない

一つの次世代ゲーム機の話からかなり壮大なスケールの話になってしまいました。

僕は前回の記事で、「PS3を家電ととらえるかゲーム機ととらえるかで評価が大きく分かれることになりそうです」とお話しました。

どうやらPS3はゲーム機でありながら、その思想的にはゲーム機を大きく超えるものであるようです。

■関連ガイド記事:そのテレビではPS3は100%楽しめない?

■関連ガイド記事:PSPがロケーションフリーTVになる!

■関連ガイド記事:東京ゲームショウ2005特集 PS3の次世代映像満載!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。