機体操作をマスターしたいなら新ゲームモードの「対CPUトレーニングモード」

ゲーム画面1
使用できるようになるモビルスーツは両軍併せて62機体
(C)創通・サンライズ
――チャット機能のほかに、初心者向けのゲームモードとして「対CPUトレーニングモード」が新たに搭載されましたね。

高橋 対CPUトレーニングモードはチームメンバーや対戦相手をコンピューターとする1人プレー専用モードですね。チーム戦では仲間の足を引っ張ってしまいそう、使用するモビルスーツの操作に慣れておきたいという方におすすめです。

――今後、こうした初心者向けの機能を強化していくことはあるのでしょうか?

高橋 そうですね。ユーザーの間口を広げる意味で、こうした機能は今後も追加したり、改善していくことはあるかと思います。ただ、チュートリアルなどの機能を実装していったとしても、端から見て「難しそうだな」と思われては意味がないので、「これは自分向けのゲームだな」とすぐ実感してもらえるような配慮をどんどん行っていきたいと考えています。
 もちろん、初心者向けの機能を追加していくことで既存のユーザーの楽しさを損なってはいけないので、バランスをとりながらといったところでしょうか。またこうした配慮と同時に、初心者やこれから始めたいという方には、店頭などで配布させて頂いていますパンフレットやポスターなどを通じ、「こうすれば楽しめる」といったアナウンス活動も強化していきたいと考えています。

――新たにハイゴッグなどのモビルスーツが追加されていますが、今後、ほかのガンダムシリーズからモビルスーツが追加される可能性はありますか?

高橋 機動戦士Zガンダムといったシリーズからモビルスーツが登場するかということですか。
う~ん、そうですね。このゲームで設定している対象年齢が、先ほど申し上げた通り、20代半ばから30代ぐらいとしていますので、こうした方々がその設定などを理解できるものであれば、ゲームバランスなどを見つつ、追加されることはあるかと思います。

――なるほど。ちなみに、携帯ゲーム機、PSP用ソフトの「機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル」が3月26日に発売されると発表されましたね。

高橋 PSP版の「機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル」は、「機動戦士ガンダム 戦場の絆」と同じユーザー層をターゲットにしたものではなく、「モンスターハンター」といったゲームをプレーされている中高生の方をターゲットにしたものです。
 「機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル」と特に連携する機能は無いのですが、チーム戦といった「機動戦士ガンダム 戦場の絆」の魅力を堪能できるゲームなので、「ゲームセンターではこれのもっとスゴイゲームがあるぞ!」といった形でこれをきっかけにプレーヤー層が広がってくれればと考えています。

――なるほど。ありがとうございます。

気になる今後の展望やおすすめのプレー方法などについては後編にて

ゲーム画面1
初心者向けの攻略ガイドも掲載します後編をお楽しみに
(C)創通・サンライズ
これより「機動戦士ガンダム 戦場の絆」について、今後どのような機能向上や改善が図られるのか、また初心者向けのおすすめのプレー方法などを伺ったインタビューへと移りますが、この続きはまた次回。後編にて初心者向けの攻略指南とともに掲載する予定です。



<関連サイト>
ガイドおすすめ記事「特集:アニメ原作のゲームが熱い! 機動戦士ガンダムSEED」
ガイドおすすめ記事「ゲームニュースナナメ読み! 新旧ガンダムのゲーム情報」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。