麺の殿堂が10月、リニューアルオープン

リニューアルオープン告知より
「浪花麺だらけ」は開業74日目で来場者100万人を達成した話題のフードテーマパーク
2003年10月にオープンした"麺"のフードテーマパーク、「浪花麺だらけ」も今年の10月で2年目に突入。

「浪花麺だらけ」は大阪のなんば駅南側に建つ「なんばパークス」内のこのフードテーマパーク。日本各地で人気のうどん、そば、ラーメンなどの各店舗が、このフードテーマパークに集結する。

そんな"麺"のフードテーマパーク「浪花麺だらけ」は、2周年目を迎える10月1日、「浪花麺だらけ2」として生まれ変わる。


手打ちパフォーマンスが楽しめる刀削麺など9店舗が出店

「黄金うどん」
創作うどん「うどんキュイジーヌ なんば」より、溶き玉子とあんかけを合わせたスープの中華風おうどん「黄金うどん」
「浪花麺だらけ2」で出店される麺料理の店舗は9店舗。うち、7店舗が大阪初登場となる。


手打ち麺の実演パフォーマンスが楽しめる店舗として、東京・大田区の刀削麺「刀削麺 萬来」、福井・越前市の越前おろしそば「本家 あみだそば」、香川・高松市の讃岐うどん「たも屋 真打庵」の3店舗が出店。


「黄金うどん」
「本家 あみだそば」より、つなぎを使用しない十割そばを青くび大根、辛み大根、特製だし醤油で頂く「越前おろしそば」
そして、東京・江戸川の「ちばき屋」、東京・目黒の創作うどん「うどんキュイジーヌ なんば」、神奈川・横浜市の「くじら軒」が出店。

さらに、各地の特色ある"ご当地麺"の店舗として、沖縄・那覇市の沖縄そば「首里そば」、
長崎・長崎市の長崎ちゃんぽん「成有亭」、福岡・福岡市の博多ラーメン「しばらく」が出店。施設内で全国の味が堪能できる。


甘いスイーツにも麺が!

「黄金うどん」
龍の髭のように細く伸ばされた蜂蜜が繊細な甘さと独特の食感を醸し出す中国の伝統茶菓子「白龍髭」
同じく麺料理のラーメンをテーマしたフードテーマパーク「新横浜ラーメン博物館」がある。だが、こちらはラーメンのみならず、全国の"ご当地麺"が集まるフードテーマパーク。提供される麺料理も幅広い。

施設内で提供されるスイーツにも"麺"。上記9店舗に加え、喫茶スペース「麺だらけ 御麺茶居」が設けられる。この喫茶スペースには、餅米で作った麺状のだんごにあんこやきな粉をかけた「甘党ぶっかけ麺」などのオリジナルスイーツをラインナップ。

また10月限定出店として、中国の宮中伝統茶菓子「白龍髭(ぱいろんしゅー)」も販売される。「白龍髭」は1万6384本まで職人技で伸ばされた蜂蜜で作る白い繭状のお菓子。冷やして食べるとサクっとした食感が楽しめる。


某TV番組感覚でジャッジする参加型イベントも開催

また、食べて楽しむイベントとして、出店店舗がさまざまなテーマで対決し、お客がジャッジする「どっちの麺でショー」なども開催される。

ちなみに第1回の「どっちの麺でショー」のテーマは、ハイグレードチャーシュー対決!「くじら軒vsちばき屋vsしばらく」。開催期間は10月1日から11月30日までとなっている。

このほか、月間毎に来場者のアンケートから集計し、麺に関するさまざまなランキングを行う「麺なんでもランキング」などの定例イベントも開催される。


一度にいろいろ味わいたいなら「麺の旅チケット」

これだけの麺料理を揃えられても、一度に何食も食べられないと言う人には、「麺の旅チケット」がオススメ。「浪花麺だらけ2」では各店の定番メニューに麺だめしサイズとしてハーフサイズのメニューを用意する。

そしてこの麺だめしサイズを割安な4食分セットにしたのがこの「麺の旅チケット」。「麺の旅チケット」は1800円で、通常よりも200円の割安となっている。なお、チケットの販売期間は10月1日から10月31日までとなっているのでご注意を。

近隣の方や大阪に訪れる機会があれば、新しく生まれ変わる「浪花麺だらけ2」で、麺料理を楽しく美味しく堪能してみてはいかが?


■浪花麺だらけ2
●住所:大阪市浪速区難波中2丁目10番70号
 「なんばパークス」Shops&Diners
 エンターテイメント・レストランフロア 7階
●地図:Yahoo!地図情報
●施設面積:約384坪
●施設構成:麺の名店9店舗、喫茶軽食1店舗、アイスクリームガーデン(仮称)1店舗
●全席数:260席
●営業時間:11:00から22:00※季節により変更有り
●入場料:無料
●定休日:1月1日、2月・8月第3水曜日※「なんばパークス」に準じる
●HP:http://www.teamnamja.com/ftp/men-darake/index.html

<関連サイト>
ガイドおすすめ記事「チームナンジャってナンジャ?」
ガイドおすすめ記事「中国本場の自家製手打ち麺を食す」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。