インディー・エアー

画像の代替テキスト
イメージどおりに飛べることを信じて、いざアプローチ!
1、アプローチの前にまずはイメトレをしよう!
アプローチに入る前に、まずはイメトレ(イメージトレーニング)をしましょう。自分がガッツリとインディーを掴んで、カッコよく飛んでいる姿を頭で何度もイメージします!

画像の代替テキスト
アプローチではスピード調節をする
2、アプローチから抜けまではオーリー・エアーとまったく同じ
右の連続写真とオーリー・エアーの連続写真とを見比べて下さい。するとインディー・エアーとは言っても、アプローチからリップを抜ける瞬間までは、オーリー・エアーとまったく同じ動作をしていることがわかります。

この意味は、まずはしっかりとしたオーリー・エアーがあって、その先のスパイス(応用)としてグラブがあるということです。なので、グラブをすることばかりを考えるのではなく、まずはキレイなオーリー・エアーでリップを飛び出すことを意識しましょう。グラブは後からついてきます!

画像の代替テキスト
リップ手前では余計なボード操作をしない。基本姿勢をキープ


画像の代替テキスト
傾斜を上り始めたら、視線をさらに先へと送る


画像の代替テキスト
テールの反発力を生かすため、しっかりとテールまで待ち、タイミングよくオーリー


画像の代替テキスト
この時点でグラブをする後ろの手が下がってきます
3、空中に飛び出す
抜ける時にオーリーがしっかりとできていれば、空中では伸び上がった上半身に自然とボードがついて上がってきます。この時点から後ろの手が下がってきている点にも注目。

画像の代替テキスト
膝の引き寄せに合わせて、後ろの手を下ろしていく
4、意識的に両足を上半身に引き寄せる
空中に飛び出したら、ボードが跳ね上がってくる力を感じながら、意識的に両足を上半身に引き寄せます。またこの引き寄せる動作に合わせて、グラブをする手を下ろしていきます。

画像の代替テキスト
ボードが上がってくるタイミングに合わせてグラブ!
5、インディーグラブをする
ボードが上がってきたら、タイミングを合わせてグラブ!

ここで覚えておいて欲しいのは、「グラブは決して自分から掴みにいかない」ということ。無理に掴みにいこうとすると、必ず差し出した手の方にバランスを崩します。グラブは掴みにいくのではなく、引き寄せたボードに手を添える、もしくはグラブをする手にボードを引き寄せるイメージを持ちましょう!

画像の代替テキスト
グラブをしていない前の手で上体のバランスをとります
6、グラブをしていない手でバランスをとる
グラブトリックでは、グラブをすることばかりに注目してしまいがちですが、実はグラブをしない方の手も大切な役割をします。インディーの場合は前の手になりますね。

後ろの手を下ろしていく瞬間、グラブしている最中、グラブを離す瞬間など、常にグラブをしない方の手でうまく上体のバランスをとります。写真を見ても、前の手を大きく広げてバランスを取っているのがわかりますね。

画像の代替テキスト
インディーグラブをして、前足をポーク!「インディーノーズポーク」というトリックです
7、前足を伸ばしてスタイルを作る
何度も練習して空中姿勢に余裕がでてきたら、南雲くんのように、前足をポーク(足を伸ばす)するなど自分なりのスタイルを作ってみましょう!

画像の代替テキスト
それにしても南雲くんのエアーは、いつもスタイリッシュですね。今回もバッチリ決まってます
ちなみにポークする時のポイントも前の手です。前足を伸ばすのと同時に、前の手も大きく後ろに引きます。ただポークするだけでは全体のバランスが崩れるので、前の手を引いて胸を突き出すようにすることで、バランスを整えるんですね。インディー・エアーに余裕が出てきたらチャレンジしてみて下さい。

画像の代替テキスト
ボードを掴んだまま、ポークした前足を元に戻しています
8、グラブの時間は長ければ長いほどカッコイイ!
グラブをしている時間は、そのエアーのバランスの良さ、完成度を示しているとも言えます。なので、グラブは長ければ長いほどカッコイイ!南雲くんのインディーはランディングの直前までグラブしっぱなしですね。

画像の代替テキスト
グラブを離したら、ランティングバーンに合わせてボードを下ろしていく
9、グラブを離してランディングに備える
ランディングバーンが近づいてきたら、グラブを離してランディングに備えます。

画像の代替テキスト
両足でしっかりとランディング
10、膝を柔らかく使って、しっかりと両足で着地
いくらスタイリッシュなインディーをしても、いくらロンググラブをしても、ランディングで転んでしまってはすべてが水の泡です。しっかりとランディングするまでが1本のエアーですので、気を抜かないように。

画像の代替テキスト
膝を柔らかく使って衝撃を吸収しましょう


画像の代替テキスト
目指せスタイリッシュインディー!
11、インディー・エアーをメイク!
インディーができるぐらいになると、どんどんワンメイクが楽しくなります!他のグラブにもチャレンジしてみましょう!


アドバイス

前回も少し書きましたが、グラブエアーの基本はオーリー・エアーになります。「インディーができない」「ミュートができない」など、グラブがどうしても掴めないという人は、もう1度オーリー・エアーを見直してみましょう。まずはオーリー・エアーで、しっかりと膝を引き付け、安定して飛べるように練習します。この基本動作を体が覚えれば、グラブはそれ程難しくはなく、必ず後から付いてきます。しっかりとした基本動作の先に、スタイリッシュなエアーがあることを頭に入れて、地道ながら少しずつステップアップしていきましょう!

あと、グラブトリックは様々なバリエーションがあるだけでなく、足の伸ばし方、掴んでない方の手の位置など、同じグラブエアーでも人それぞれに「スタイル」があります。なので、専門誌やスノーボードDVDでプロライダーのスタイルをチェックするのも楽しいですよ。もしかしたら、こんなエアーがしたい!という目標ができるかもしれないですしね。

では次回もお楽しみに!
画像の代替テキスト
初・中級者向けのコースが多く、スノーボードパークも充実しているので、練習にはもってこいのゲレンデです。
【取材協力】
湯沢パークスキー場
http://www.park-resort.com/

新潟県南魚沼郡湯沢町小坂
(Yahoo!地図情報ではココ)
TEL : (025)787-4111

■電車でのアクセス
上越新幹線 越後湯沢駅から送迎バスで10分(東京駅から70分)
■車でのアクセス
関越自動車道 湯沢ICから約3,5?、車で8分(練馬ICから167?)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。