画像の代替テキスト
グラブを入れてエアーをよりスタイリッシュに!
「ワンメイク道場」は、「ワンメイクでもっとカッコよく飛びたい!」というやる気満々な人のためのお役立ちハウトゥーです。

前回紹介した「オーリー・エアー」をマスターしたら、今度は空中に飛び出した後に、ボードを手で掴む「グラブ・エアー」にチャレンジしてみましょう。オーリー・エアーに、グラブを加えることで、トリックがよりスタイリッシュになるのはもちろん、トリックのバリエーションも増えて、ワンメイクの楽しさがさらに広がります。

今回は多数あるグラブ・エアーの中でも、最もポピューラーで比較的やりやすい「インディー・エアー」をご紹介します。オーリー・エアーをしっかりとマスターしていれば、以外とすぐにできるようになります。逆にオーリー・エアーができていないと、中々ボードに手が届かず難しいと感じるかもしれません。どちらにしてもまずは実践あるのみですので、仲間を誘って一緒にどんどんトライしていきましょう!

画像の代替テキスト
南雲武仁(ナグモタケヒト)
スポンサー:NITRO,COBRAWORX,SMITH,DP,スリーウェザー,ディメンション,ジェムストーンフィルム,シャレー佳竹,黒羊,ムラサキスポーツ千葉店
今回も取材に協力頂いた新潟県湯沢町にある「湯沢パークスキー場」のすぐ脇に住んでいて、ガイドの所属するスノーボードチーム「黒羊(クロヒツジ)」のメンバーでもある「南雲武仁(ナグモタケヒト)」くんに手伝ってもらって、そのコツを伝授していきます。

それではさっそく始めましょう!


グラブって何?

まず「グラブ」について簡単に説明しておくと、スノーボードでは、「ボードを手で掴むこと」を「グラブ」と言います。そしてこのグラブには、「前の手と後ろの手のどちらで掴むのか」、もしくはボードのつま先側、カカト側、テール、ノーズなど、「ボードのどこを掴むのか」という2つを基準に、幾つかのバリエーションがあり、それぞれにトリック名があります。

代表的なものを挙げると

前の手で足の間のつま先側を掴む → ミュートグラブ
前の手で足の間のカカト側を掴む → メランコリーグラブ
後ろの手で足の間のつま先側を掴む → インディーグラブ
後ろの手で足の間のカカト側を掴む → ステイルフィッシュグラブ
前の手でノーズの先端を掴む → ノーズグラブ
後ろの手でテールの先端を掴む → テールグラブ

などです。グラブトリックを始める際は、ボードのつま先側を掴む「ミュート」や「インディー」が比較的やりやすいです。なので、まずはインディーから始めて、空中でボードを掴む感覚を養っていきましょう。

実際にやってみよう!

画像の代替テキスト
インディー・エアー
「インディー・エアー」は、空中に飛び出した後に、後ろの手で足の間のつま先側を掴むトリック。オーリー・エアーで足の引きつけがしっかりとできていれば、後ろの手を下ろすだけでボードを触ることができるはずなので、まずはボードに触る(タッチする)ことから始めてみましょう。そして、回数を重ねながら、しっかりとボードを掴めるように、またできるだけ長く空中でボードを掴んでいられるように練習していきましょう!

それでは実際にやってみます。

>>次ページは「インディー・エアー」を紹介!>>