「テニス初心者のための道具の選び方」の第2回目。第1回目ではラケットを選ぶコツについて。今回は、テニスシューズを選ぶコツです。初心者の方が、自分に合ったシューズを選ぶために必要ポイントを中心に解説していきます。

シューズ選びのポイント

テニスシューズ
この写真、本文を読んでからもう一度見直してみてください。きっと見ているポイントが変わります
■実際に履いてみる
自分の足に合うシューズを履くことは、気持ちよくテニスをするための基本。同じメーカー、同じ足囲(3Eなどの表示)、同じ足長(長さ)でも、形や長さが違うので、実際に履いてみる必要があります。

■機能を必要な順に並べる
予算に制限があるときは、シューズの様々な機能から自分に必要なものに対して順番をつけます。例えば、「激しい動きはしないが、膝に優しいものがほしい」といったケース。そういう時は、クッション性の機能にはお金をかける。激しい動きに必要なねじれの防止の機能にはお金をかけないという選択ができます。

■テニスショップの店員さんに聞く
まずテニスショップで店員さんに聞く前に、質問ポイントを把握していきましょう。自分自身の体の具合(動きの激しさ、膝や腰に痛みがないか)、よく使うテニスコートのサーフェス(コートの種類)、予算、足の長さ、足癖(偏平足、足首をひねりやすいかなど)です。以上のことを話して、きちんと耳を傾けてくれる店員さんからシューズを買うことをお勧めします。

その際、他店より値段が多少高くても必ず元は取れるはず。怪我を少しでも防止して、テニスのパフォーマンスにプラスになるシューズを選べることが最優先です。

実際に履いてみよう:シューズ選びは午後!

足のサイズは朝と夜では、変動があります。昼過ぎから夕方の足はむくんで大きくなります。人間の足は朝と夕方では、おおよそ0.5~1.0cmくらい大きさに差が出ると言われています。よって、シューズを購入は足が大きくなった午後にしましょう。

>>次のページで実際に履いたときの確認事項をチェック!>>