ストリング(ガット)の知識 基礎編


皆さんは、ストリング(ガット)をどのように選んでいますか?
ストリングにも様々な種類があり、素材の違い、太さの違い、そして張りの強弱によって随分と打球感が異なります。
ストリングを張るとき、ショップの店員さんや、テニスコーチ、そしてテニス仲間に相談、もしくは薦められて選んでいるという人は少なくないはずです。

そこで今回はストリングの知識が習得できるよう分りやすく記事にまとめてみました。「ストリングの知識 基礎編」と「ストリングの知識 応用編」の2回に分けてお伝えします。皆さんもストリングの知識を身に付けて自分に合ったストリングを自分で選べるようになりませんか?

第1回目は「ストリングの知識 基礎編」をテーマにストリングの種類と性能について説明します。

素材の違いによるガットの種類


ストリングには素材により3つの種類があります。ナチュラルストリング、ポリエステルストリング、ナイロンストリングです。

1)ナチュラルストリング
殆どが牛の腸で作られている天然素材のストリングです。ホールド感、打球感は非常に優れています。初心者からプロプレイヤーまで、どなたにもお薦めできます。しかし、天然素材で作られているため、他のストリングよりも値段が高くなっています。

2)ポリエステルストリング
ストリングが固めで反発力があまりないためボールの飛びは比較的抑え気味になります。耐久性を重視しているので切れにくくスピンをかけるプレイヤーやハードヒットプレイヤーに向いているストリングです。

3)ナイロンストリング
比較的柔らかいストリングであるので高反発でボールの飛びが優れています。

次は構造の違いによるストリングの種類です。