冬の飛距離

使い捨てカイロは、ボールをあたためたり、自身をあたためたりと必需品
冬のゴルフでは、飛距離が落ちてしまうのも重要な注意点。個人差もありますが、一般的な男性ゴルファーだとアイアンで一番手近い差が出る場合があります。いつもと同じように打っていると当然距離が合わなくなってしまいます。

大きめのクラブを持って、軽めに振ると距離が合いやすいのですが、かえって「大きすぎるかも……」という心理的な影響をうける場合もあるので、誰にでも勧められる方法とは言えないのが辛いところ。スタート後、最初の3ホールくらいでその日の距離の出かたを把握するように努めましょう。

飛距離の出ない理由ですが、寒さでクラブの金属部分が硬くなり、特にシャフトのしなりが生かせないこと、寒さによって十分に身体のパワーが出ないことなどがあげられます。それ以外にもっとも大きな理由は、ボールが硬くなってしまうことでしょう。冷たくなったゴルフボールは反発も弱くなり、飛距離が落ちてしまう傾向があります。以前主流だった糸巻きバラタボールに比べ、現在のウレタン素材のボールは熱による性能の劣化の度合いは小さくなっているのですが、それでも冬場の飛距離ロスは避けられないようです。

こうした飛距離ロスを軽減するには、ボールを前もって暖めておくのが効果的。使い捨てカイロをボールとともにポケットにいれ、ボールの温度を下げないようにしておきます。打感がやわらかくなり、飛距離ロスも抑えることができます。

ちなみに使い捨てカイロは寒さ対策にもなる冬ゴルフのマストアイテム。ゴルフ場で無料で配布してくれる場合もありますが、念のため持参したほうが良いでしょう。最近では塗るタイプもあり人気になっています。

>>次は、ガイドオススメの防寒グローブ>>