オリンピック開幕まで1週間と迫った7月30日、FIFAの声明を受け、リオネル・メッシ(バルセロナ)はアルゼンチン・五輪代表チームへ合流することとなった。所属のバルセロナと母国アルゼンチンとのFIFAを巻き込んだ騒動にようやく終止符が打たれた。

“黄金世代”のアルゼンチン・五輪代表

7月3日、アルゼンチンサッカー協会は、北京オリンピックへ出場するメンバーを発表。MFリケルメ(ボカ・ジュニアーズ)、DFブルディッソ(インテル)、MFマスチェラーノ(リヴァプール)と、A代表とビッグクラブで活躍するオーバーエイジ選手3人を投入し、本気でオリンピック連覇を狙いに行く姿勢がうかがえた。

それもそのはず、今回のオリンピック代表世代は、2005年ワールドユース、2007年FIFA U-20ワールドカップの優勝メンバーが主軸だ。さらに、FWセルヒオ・アグエロ(アトレティコ・マドリー)やMFガゴ(レアル・マドリー)ら、その多くがすでに欧州のビッグクラブのレギュラークラスで、アルゼンチンA代表にも名を連ねる選手ばかり。

なかでも、2005年のワールドユース得点王・MVP のFWリオネル・メッシ(バルセロナ)はこのチームのエースとしての活躍が期待されていた……。が、その出場が危ぶまれていた。

「待った」をかけたバルセロナ

そのメッシのオリンピック出場に難色を示したのが所属のバルセロナだ。

昨年リーガ・エスパニョーラで3位に終わったバルサは、今季のチャンピオンズ・リーグ(CL)は8月の予備予選3回戦からの出場となり、これは北京オリンピックのグループリーグの日程と重なってしまう。さらに、今季監督がライカールトからグアルディオラに交代したチームは、多くの選手を放出した影響で、選手の台所事情は厳しく、メッシを欠いてのCL予選は困難だと考えたのだろう。

同じようにバルセロナは、ブラジル代表としてオーバーエイジ枠で出場を予定していたロナウジーニョにもチームの離脱を認めなかった。しかし、もともと退団が濃厚といわれていたロナウジーニョは早々にミランへの移籍を決めて、代表チームへと合流。ミランはカカのオーバーエイジ枠のオリンピック参加は拒否したが、結果的にクラブがCL出場を逃したこともあって、オリンピック出場を望んでいたロナウジーニョについてはすんなりと認めた。

オリンピックの対象となる、いわゆるU-23の選手の出場を認めなかったクラブはバルセロナだけではない。ブレーメンはブラジル代表MFヂエゴ、シャルケは同じくブラジル代表DFラフィーニャの出場をクラブとして許可しなかったが、両選手は独自の判断で代表に参加。これに対し、クラブ側はこれを不当としてスポーツ仲裁裁判所(CAS)に国際オリンピック委員会(IOC)とブラジル・オリンピック委員会を提訴する構えを見せていた。