準決勝の組み合わせは、フェイエノールトvsインテルドルトムントvsACミラン。インテル・ミラン共に、「ミラノ・サンシーロスタジアム」を本拠地とするクラブ。決勝でミラノダービー!という可能性もあったが、ここで両クラブとも姿を消す。フェイエノールトが、インテルの本拠地で1‐0と先勝し、ホームでも2‐2で引き分けたのだ。ミランはアウェイで0‐4と惨敗。ホームでは、3‐1と踏ん張ったが、通算3‐5で終戦。

      熱く燃えたACミラン戦(photo by 小野寺俊明)

フィエノールト、ホームでの決勝戦!

これでフェイエノールトの舞台は整った。会場はロッテルダム、ホームスタジアムの「デ・カイプ」。収容は5万1000人。多くのサポーターが見守る中で、フェイエノールトが、そして小野伸二選手がUEFAカップを掲げる事を期待したい!!

一方で残念な事がある。決勝前日、日本代表がマドリッド(スペイン)で、レアル・マドリッドと親善試合を行う事になっているのだ。しかし選手にとってはもちろん欧州タイトルをかけた試合の方が優先だ。フェイエノールトのファンマルウェイク監督も「ここに縛り付けてでも、小野はマドリッドへ行かせない」と断言しているほど。小野選手は日本代表に合流せず、ロッテルダムで決勝戦のピッチに立つだろう。

5月8日の朝、マドリッドからアムステルダム行きの飛行機は、日本サポーターで混雑しそうだ。


(協力・写真:小野寺俊明)


<関連サイト>
・Close up!「チャンピオンズリーグ準決勝!」

・私のおすすめサイト「国内外のサッカーニュース・速報」



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。