室内からの反射に気をつけるときれいに撮れます


反射なし
明るい時間帯にガラス越しに撮った高所からの風景。特にガラスに反射もなくきれいに撮れました


反射あり
夕方になり暗くなり室内の明かりがガラスに反射して写った例。ガラス越しで撮るときには背後からの室内光の反射に気をつけて撮ります

高層ビルなどの展望台などから風景を見学することも多いでしょう。一面に広がるパノラマの風景は誰しもが写真に収めたくなります。

昼間は割と問題なく撮影できるのですが、少し暗くなってきた頃から室内の明かりがガラスに反射するようになります。ガラス越しに夜景を撮るときも同じようになります。

室内に明かりがある場合、まったく反射をなくして撮るというのは難しいのですが、減らすことはできます。

角度を変えるだけ写り込む反射の明かりを変えることができます。一番反射が少ない角度を探してその位置から撮ってみてください

さらに反射をなくしたいのであれば、背後をジャケットなどで覆いながら撮影します。背景を遮ってしまえば室内からの明かりが写り込まなくなりガラスの反射がなくなります。同行している方に手伝ってもらうといいでしょう。

夜景と人物を一緒に撮るには、『夜景と一緒に人物をきれいに撮る方法』をご参考に


簡単なポイントばかりですが、旅行中に写真撮影に応用するときっとこれまでより深みのある写真が撮れることと思います。楽しみながら試してみてくださいね。


写真・テキスト 瀬川陣市
Photo&Text(c) Jinichi Segawa - All Rights Reserved.
記事・画像の無断使用・転載は禁止します。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。