メタルジグ&トレーラー

26番
トレーラーに使うソフトルアーはメバル用のものでもオーケー。いろいろなルアーを使ってみると独自のパターンが見つけられるはずだ
26番
メタルジグ&トレーラーで沖の根を丹念に探ってヒットした「キジハタ」。こんな思いも掛けない高級魚も釣れるのが魅力だ
ここで紹介しておきたいとっておきのメソッドが「メタルジグ&トレーラー」だ。簡単にいうと、メタルジグのリアアイにリーダーを結び、その先にフックに取り付けたソフトルアーを接続する、というもの。リーダーの長さや、太さ。ソフトルアーの種類とフック形状などによって、無限といえるバリエーションを持たせることができるのが特長だ。

このメソッドの最大のメリットは、通常のソフトルアーを使った釣りでは届かないような距離のポイントを攻めることができるところで、ガイドがよくやるのはメバル用の小さなソフトルアーと組み合わせる方法だ。小さな1.5インチのソフトルアーはジグヘッドと組み合わせてもそれほど遠投することはできないが、このやり方なら100m近く遠方まで探ることができる。沖にある誰も手を付けていないポイントにマイクロルアーを通してやれば、根魚が次から次へとヒットする、なんていうシーンも十分あり得る話だ。

また、1.5インチ程度のソフトルアーの場合、オキアミやアミエビに着いてしまった回遊魚にも効果が出てくる。サイズ的にも小さなエビ類とほぼ変わらないので、カゴ釣り師が集まる人気堤防でも、ルアーフィッシングが存分に楽しめる。

26番
トレーラーはメタルジグのリアアイにリーダーを結んでセットする。リーダーの長さや太さ、ソフトルアーの種類などを変えれば様々なバリエーションを持たせることが可能だ
具体的なセット方法は、メタルジグのリアアイにフロロカーボン、またはナイロンの3号(12lb)程度のラインをヒトヒロ(1.5m前後)とる。先に結ぶのは軽量ジグヘッド、またはチヌ針やメジナ針、軸の太いフライフックなどを結び、ソフトルアーをセットするだけ。ちなみにチヌ針、メジナ針を使う場合は回転防止のためにひねりの無いものを選ぶことがコツになる。また、セットするソフトルアーはなるべくまっすぐになるようにすること。曲がった状態でセットしてしまうとルアーがクルクルと回転してしまうので、魚はヒットしてこないので注意だ。

どんな魚が来てもよいようにフロントにアシストフックを付ける場合もあるが、着水後に絡みやすいという欠点がある。これを補うには着水直前にリールのスプールに指をあて、軽くサミングしてやるとよい。

しっかりトレーラーを取り付けたら、あとはキャストしてリトリーブするだけだ。余計なアクションも不要で、活性に合わせてリトリーブ速度を変えてやる程度でオッケー。そもそもメタルジグがアクションしてくれるので、ラインに結ばれたソフトルアーもよく動く。うまくゆけば、根魚だけでなく、アジやサバといった小型回遊魚も狙い撃てるようになる。もちろん、回遊魚たちにも効果があるので、ぜひ一度は試して欲しいメソッドだ。

楽しみ山盛りのショアキャスティングゲーム

26番
朝一の防波堤でヒットした2kg級のカンパチ。回遊魚たちの強引なファイトは格別だ
この釣りの魅力はなんといっても豪快にキャストする爽快感につきる。通常のルアーフィッシングでは届かない、遠くへ向かってメタルジグをキャストするだけでもストレスがなくなってゆく。もちろん、釣れてくれれば回遊魚たちの強引なファイトが楽しめるし、ちょっと工夫すれば根魚をはじめ、様々な魚たちもターゲットにできる。投げても釣っても楽しいのがショアキャスティングゲームの魅力といえるだろう。みなさんもこの機会にぜひチャレンジしてほしい。

ショアキャスティングゲーム編はこれで一区切りです。次回から新しい企画をお届けします。お楽しみに!


画像の代替テキスト
 
【おすすめ書籍情報】Salty!

ガイドもライターをやっているソルトルアー専門誌「Salty!(ソルティー)」。今月号もソルトルアー情報が満載! Salty!のホームページはこちら


<関連記事>
大海原へ向けメタルジグをフルキャスト!
ショアキャスティングに必要なタックルは?
ショアキャスティングで使うルアー
アシストフックを自作しよう!
回遊魚の接岸を見逃すな!
基本のサーフェースゲームをマスター!
誘いの決定版!ジャークを極める
カウントダウンで中層から底を狙い撃つ

<関連リンク>
e-angle -釣り専門用語解説-
ナチュラム フィッシング特集
ナチュラム blog@naturum

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。