列車内という空間の特殊性、旅行モノとしての側面、アリバイトリックとの親和性――そんな様々な理由によって、鉄道を使ったミステリーは(洋の東西を問わず)無数に書かれてきた。「鉄道ミステリー」では広すぎるので、ここでは列車内を舞台にした翻訳ミステリーの作例を見ていくことにしよう。

記憶喪失のヒロインを描く
異色の鉄道サスペンス

『記憶をなくして汽車の旅』
オーストラリア横断列車で乗客が殺された。容疑者となった記憶喪失の「わたし」は終点までに真犯人を突き止められるのか?
まずは今月の新刊から――というわけで、コニス・リトル『記憶をなくして汽車の旅』から話を始めよう。眠りから覚めた「わたし」は、自分が記憶を失い、オーストラリア横断鉄道に乗っていることを発見した。見知らぬ「おじさん一家」と「婚約者」に出逢った直後、ブローチが何者かに盗まれ、おじのトカゲが消失するという怪事が発生。その謎も解けないうちに乗客が殺され、嫌疑は「わたし」に向けられるのだった……。

文庫本の目次を見れば解るように、物語は列車とともに進行している。オルバリーを出発した列車はメルボルンやアデレードを経て、終着地のパースへと突き進んでいく。ちなみに「コニス・リトル」は英国版の名義で、米国版には「コンスタンス&グウィネス・リトル」と記されている。オーストラリア生まれ、ニュージャージー州育ちの姉妹による合作ペンネームなのだ。姉のコンスタンスは1899年生まれ、妹のグウィネスは1903年生まれ、本作の刊行は1944年――と書くと古そうに見えるが、シンプルさとスピード感は現代風のミステリーよりも軽快に感じられる。キャッチーな舞台とヒロイン、テンポ良く繰り出される謎と解決、爽快な読後感などを備えた快作なのである。

次のページでは鉄道ミステリーの古典を御紹介します。