好評なクラブ・ナンパ対談の第3弾!

というわけで、当コーナーではすっかりおなじみのお笑い芸人・芦沢教授さん(太田プロ)と真夏のナンパ箱事情をあれこれ。まあ、にっこり笑って、気軽に読み流してやって下さい。

大人系のクラブは浴衣美人がワンサカ?

001
芦沢教授/あしざわきょうじゅ/太田プロ所属/おそらく世界で唯一のパラパラ芸人
大脇:
さて教授、まずは夏のクラブ状況から話したいんだけど。都内のクラブはちょっと客入りが落ち込むよねぇ。

芦沢:
そう。夏は他に楽しいイベントがあるから客が少なくなる。本当に音や踊りが好きな人種は別として、クラブごっこが好きなナンパ対象になる女のコたちはお祭りに花火大会、浜辺てバーベキューなどに完全に持っていかれちゃう。

例えば『墨田川花火大会』が開催される7月26日、僕は去年『スタークラス』ってイベントをしたんだけど、毎月300人くらい来ていたのに半分にまで落ち込んだ。

大脇:
じゃあ、夏はナンパに向かないんだ。まあ、夏は週末ともなれば何処かしらでイベントがあるからね。わざわざ渋谷や六本木まで移動するヤツは少ない、と。

芦沢:
いや、そうとも限らないんです。いま話したのはあくまで若いコ向けのクラブであって、『キャメロット』や『エーライフ』『フラワー』など大人系のクラブは、イベント後は逆に客が増えるんです。

若いコ向けのクラブは「浴衣着たら踊りにくいしダルいからクラブには行かない」っていう若いコたちが多く集まるから客が減る。でも大人系のクラブは「浴衣着てるのに踊っちゃってる私たちってスゴくない?」っていうステータスがあるんです。

大脇:
つまり花火大会などイベント終了後のクラブは熱い、と。浴衣を着た大人な女のコがいっぱい集まる、と。

芦沢:
浴衣を着て目立ちたいコたちが明らかに狙って来てますね。もっと言えば、この日に花火大会があるのを知っていて、花火大会なんて行ってないのにあたかもその帰りかのように来るコもいますからね。

大脇:
なるほど。もう花火大会が終わった時間なのに駅のホームで浴衣着ているコいるもんね。あのコたちはハナからクラブに行く目的なんだ。

芦沢:
そう。仕事が終わって、慌てて家に帰って浴衣を着てクラブに行くんですよ。