※本記事で紹介されている内容については、いずれも記事執筆時点(2008年)での情報となります。現在は変更されている可能性がございます。


東西のニューコンセプト店を厳選紹介!

一昨年の冬だったか、『男の夜遊び』ガイド記事で、「失敗しないガールズバー選び」ということで、都内のガールズバーを紹介した。取り上げたのは新宿歌舞伎町にある『NANA』『DIVA TOKYO』の2軒。読者の反響もそこそこで、ガールズバーへの関心は、ここ最近かなりの高まりを見せているようだ。

理由はもちろん、その客の立場から見たコストパフォーマンスの高さもさることながら、経営の立場からすれば開業のしやすさに起因することが大きい。というのも、グレーゾーンだったキャバクラの深夜営業が事実上できなくなり、また、デリバリー系は別として勝てば官軍状態だった店舗型風俗店の開業は言わずもがな。

そう、魅力あるインカムによりあくまで店舗型にこだわる向きは、先の都から全国に拡大した浄化作戦により、代わって深夜種類の営業許可のため営業時間の長く多くのインカムの可能性が残されているガールズバーに参入する流れ…って、「何をいまさら」ってツッコミも多いと思うし、そもそも僕ら客には関係ないことだからどーでもいいですね、はい。

閉話休題、ご紹介するのは、客と経営の両面から支持される、そんな盛り上がりの雪だるま状態なガールズバーの現状、というか最新事情。一時のアキバブームでスクラップ&ビルドを繰り返したメイド喫茶も真っ青な、ダメ中学生の妄想を全部叶えてくれたような店たちである。

ということで、今回はとりとめもなくお届けしたい。

高級ガールズバー『フレイアレッド』

001
写真は『フレイアレッド』の店内。積み上げられたシャンパンタワーでラグジュアリー感を演出
ワインとシャンパンをメインにした高級系ガールズバー。平均年齢は21、22才と若く、モデルやタレントの卵が多数在籍し、女のコのコスチュームは黒いスカートかパンツに白いシャツで接客。

ワインは五大シャトーマルゴー、ラトゥール、ムートン、ラフィット、オーブリオンからペトリュスや150万円のロマネコンティ、シャンパンはクリスタルロゼ、ドンペリラベイまで揃う。また、カラオケ完備のVIPルームもアリ。女のコは部屋に滞在せずにウェイトレス業務のみなので、あしからず。そうそう、待ちがでるほどの人気店なので電話予約することをオススメする。


【フレイアレッド 店舗紹介】
002
 

・ADRESS:東京都中央区銀座6-4-8 ニュー銀座ビル3号館1F
・TEL:03-5537-0123
・営業時間:月~金/19:00~翌5:00(L.O.翌4:00)
・休業日:土・日・祝日
・システム:1名/5000円(60分)、2名以上/各4000円(60分)。以降は30分毎に半額のタイムチャージ。VIPルーム/2万円(ルームチャージ)+1名5000円(120分)
・メニュー:ドリンク/1000円~、グラスワイン&シャンパン/1500円~


次のページでも、まだまだお店を紹介します。