コンバンハ。All About「男の夜遊び」ガイドの山田ゴメスと申します。

今回のお悩み相談はコレ! もうそこそこ長い期間付き合っているカップルに、わりとよくある“お悩み”なので、ぜひご参考にしていただければ幸いです。
[悩み]
付き合って約1年になる彼女がいます。付き合い始めたころは、いろんなお店で食事をしたり、旅行やディズニーランドとかに行ったりもしたんですが、ネタも尽きてしまい、オマケに金欠で、最近は自宅でダラダラばかり。彼女もご機嫌ななめ気味です。どうか、お金がかからず、彼女にも喜んでもらえるデートを教えていただけませんでしょうか?(茶ぱりーまん/31歳・アパレル関係)
[回答]
わかりました。お金がないのにアグレッシブなデートがしたい──そんなワガママな貴男にオススメなのは、ズバリ「展」!

もちろん、「秋の印象派展」だとか「日本現代工芸展」だとか「機動戦士ガンダム展」だとかの、なんの腹の足しにもならないゲージュツ系の「展」を言っているのではありません。デパートの7階・8階くらいにある特設催事場でやっている「~展」のことです。

イタリア展でマンネリを打破せよ!

もっともポピュラーなのは「北海道展」ですね。札幌とか函館とかから出店してきた名店の味噌ラーメンや塩ラーメンや醤油ラーメンや、新鮮なネタを使った小樽の寿司なんかを食することができて、北海道産のじゃがいもやらタラバ蟹やら鮭やらとうきびやら乳製品やらが場内にズラリ並んでいて……こうやって原稿を書いているだけで思わずヨダレがジュルジュル垂れてしまわんばかりであります。

が、今回の主旨(=デート向き)に合っているのは、残念ながら(?)「北海道」ではなく、海外の国だったりするのです。

イチ押しなのは、やはり「イタリア展」ですね。そのなかでも新宿・伊勢丹のイタリア展(今年は9月29日~10月4日まで開催)は、品揃えがまことに充実しており、土日の昼過ぎから夕方に行けば身動きが取れないほどの大繁盛ぶりだったりします。

では、たとえばこのイタリア展に行って、実際的にはどのようなデートをすればよいのでしょう?


試飲でベロベロになってデート代を浮かす?

試飲の活かし方が、成功の鍵を握っている!

試飲の活かし方が、成功の鍵を握っている!

正解は「とにかく試食・試飲をしまくる」こと。とくに重要なのは「試飲」!

試食だけでお腹いっぱいになって、デート代をタダにするのは量的にむずかしく、さすがに“虫が良すぎ”といったところですが、試飲に関しては、ひとつ一つのブースを小まめに回って、赤ワインや白ワインやスパークリングワイン、それにアルコール度数が強いグラッパやレモンチェロなどの食後酒をチョビチョビ飲んでいたら、けっこうベロベロに酔っぱらっちゃいます。

ここで「北海道展がなぜデート向きではないのか」を説明すれば、北海道はイタリアほど売りになるお酒がないからにほかなりません。

とは言え、先ほども書いたとおり「試食と試飲で満腹かつベロベロになってデート代をタダにする」なんて企みは、あまりに虫が良すぎというものです。

せめて、そこでじっくりと吟味したお酒やおつまみの一品ずつくらいは、奮発して買いましょうよ。そして、執拗な試食&試飲のすえにチョイスした逸品を、自宅デートで楽しむのが「展デートでリーズナブルにマンネリを解消する」ポイントなのです。
もし、まだフトコロに少々の余裕がある場合は、お酒にメインディッシュになるようなフードを買って、デパートの屋上で“二次会”に凸入するのも悪くありません。


大阪はイタリア展はなくイギリス展?

ただ、この手の「展」は、あくまで“なかなか普段は日本じゃ買えない地元の名産品”を取り寄せているだけで、“大安売り”というわけじゃ決してないゆえ(たしかに北海道展のほっけは美味しいですが、一匹1500円くらいするケースも珍しくはありません)、酔っぱらいすぎて予算オーバーにならぬよう、注意してください。

ちなみに、イタリア展のほかにも「フランス展」「スペイン展」、国内系だと意外に「京都展」あたりもオススメです。

ところで、東京では圧倒的にイタリア展が人気なのですが、不思議なことに大阪では「イギリス展」が一番アツイと聞きます。誰かこの理由を知ってる人はいませんか? 気になって気になってしょうがない今日この頃なのです……。


「男の夜遊び」サイトでは中年男性からの質問を募集中!

All Aboutの「男の夜遊び」サイトでは、30歳以上の「男性」からのお悩み相談を募集中です。恋愛、金、性、その他なんでも、山田ゴメスが中年の皆様のお悩みに真摯にお答えします!

「山田ゴメス オトコのR30相談室」質問募集ページ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。