ますます高級志向の波が押し寄せるガールズバー業界

01

02
黒で統一された落ち着いた店内。大型モニターではスポーツ観戦やアーティストのライブ映像などが
本記事で度々ご紹介しているガールズバーが、ますます高級志向になっている。都内にこの業態が登場した2006年当初は、ドレスに巻髪と、非日常が味わえるキャバクラ業界に逆行するかのごとく安いセクシーさをウリにしていたのに、今じゃ安く飲めるのは当り前。

大人が落ち着いて飲めるオーセンティックな雰囲気はもちろんのこと、キャバや風俗には抵抗がある、でも稼いでオシャレをしたいといった容姿も中身もしっかりとした非ギャル派たちで溢れかえっているのだ。

去る4月7日、東京で最も有名なガールズバー『NANA』の姉妹店としてオープンした『NANA六本木』もその一つ。親も認めるアルバイトとして市民権を得て今まで時給ウン百円で働いていた美人所が流出しているのか、独自の採用ルートがあるのか、その原因は不明だが、我々には嬉しい限り。

店構えからしてキャバクラ的なイヤらしさは微塵もなく、「たまたま入ったバーが美人だらけだった」という様相がマニアならずとも鼻息を荒くするに違いない。以前「美人だらけのガールズバー」として紹介した銀座『Freyja Red』や六本木一丁目『JEUNESSE』しかり、ガールズバー全体の質向上を願いつつ、今回はどこよりも早く『NANA六本木』で働く女のコたちをお披露目しよう。

【『NANA六本木』 店舗紹介】 
003

・TEL:03-3478-0707
・住所:東京都港区六本木4-11-11 GMビル5F (YAHOO地図)
・営業:19:00~翌5:00
・システム:チャージ料/3,500円(60分)、ドリンク/800円~
・定休日:日祝日
※東京メトロ大江戸線「六本木駅」より徒歩1分。六本木交差点よりミッドタウン方面へ。コンビニAM/PMのあるビルの5F


※続いて『NANA六本木』・ギャラリー!