『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』(2004)[THE ASSASINATION OF RICHARD NIXON]

『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』について

◆カンヌ映画祭では公式上映終了後、スタンディング・オーヴェーションに包まれた。アメリカ社会の歪みが生み出した主人公サムが破滅的な決断へ向かっていく過程をじっくりと見せる。

Richard M. Nixon リチャード・ニクソン[The White House]

◆企画のスタートは1999年。暗殺未遂事件の実話からインスパイアされたストーリー。政治的な内容が含まれており、資金が集まらず…。ところが脚本に興味を持ったレオナルド・ディカプリオ『サイドウェイ』のアレクサンダー・ペイン監督が製作に名を連ね、その後アルフォンソ・キュアロン監督らの会社が製作を買って出た。映画を愛するものたちの協力あってこその作品だ。

『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』ストーリー

あまりにも孤独で、あまりにもナイーヴなテロリスト。

1974年2月22日、ワシントン・バルチモア国際空港にたたずむ男、サム・ビッグ。その手には、敬愛する作曲家レナード・バーンスタイン宛ての自分の心のつぶやきを納めたテープが…。

サム・ビッグ44歳の年、兄の会社を辞め事務器具のセールスマンとして再就職したばかり。営業成績をあげ、サラリーを手にし、崩壊した家庭をとりもどそうと必死だった。ところが社長は、ワンマンで勤務態度以外にプライベートまで干渉し始める。必死でもがくサムだが空回りするばかり…。

『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』(2004)[THE ASSASINATION OF RICHARD NIXON]
『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』(2004)[THE ASSASINATION OF RICHARD NIXON]

◆スタッフ◆

監督:ニルス・ミュラー
製作総指揮:アルフォンソ・キュアロン、ホルヘ・ヴェルガラ
脚本:ニールス・ミュラー、ケビン・ケネディ

撮影:エマニュエル・レベッキ『スリーピー・ホロー』
編集:ジェイ・キャシディ『プレッジ』
音楽監修:リザ・リチャードソン
衣装デザイン:アジー・ゲラード・ロジャース『レインメーカー』

◆キャスト◆


[サミュエル・ビッグ]ショーン・ペン『ザ・インタープリター』
[マリー・ビック]ナオミ・ワッツ『ザ・リング2』
[ボニー・シモンズ]ドン・チードル『オーシャンズ12』
[ジャック・ジョーンズ]キャック・トンプソン
 ほか

2005年6月11日(土)~テアトルタイムズスクエア・銀座テアトルシネマ他にてロードショー
原題[THE ASSASINATION OF RICHARD NIXON] 米国公開:2004年12月 
2004年/アメリカ/1時間47分→1時間36分に変更 字幕翻訳:林完治

配給会社:ワイズポリシー、アートポート

関連

関連

◆公式サイト
http://www.wisepolicy.com/the_assassination_of_richard_nixon/

※著作権は撮影者・南樹里及びオールアバウトに帰属します。
※記事・画像の使用は、版権を有する映画配給会社等の許諾を得て掲載しています。
※記事・画像の使用・転載は、営利・非営利を問わず禁止です。
※リンクは、大歓迎です。詳細は右上の▲リンクをご覧下さい。
※(c)
※Photos(c) Julie Minami - All Rights Reserved. Use is restricted to this website in promotion of "THE ASSASINATION OF RICHARD NIXON" Photographs may not be copied for use elsewhere including other Internet sites without permission.


映画・来日・ニュース・イベント

この他の2005年6月公開の映画

『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』の上映時間を調べる

『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』南樹里の試写コメ


『映画』トップページへ戻る