鈴木あみの写真集

先生:
エリカハウスに続いて、あみーゴディスコの研究です。アミーゴ伊藤ではありません。でも、鈴木あみの時代なら未だしも、鈴木亜美になってから、あみーゴって呼ばれているのか不安ですけど。

助手:
amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
love the island
鈴木あみ(2002年に鈴木あみから鈴木亜美に改名)が『love the island』で(デビューしたのが98年ですね。当時ASAYANでモーニング娘。のライバル的な感じで、シングル対決なんかもやってました。あれで『ふるさと』が負けて、なっちがどんどんダウナーになっていったんですよ。あれからもう10年も経ってしまったんですね。

先生:
時の経つのは早いですね。●っちと言えば、今は断然のっちですからね。

助手:
ちなみにあみーゴもなっちも、今や写真集がブックオフで100円くらいで売られてますからね。いくらなんでも100円はないだろ、と。泣けてきますよ、ホント。あと奥菜恵の写真集も100円でした。
助手の汚部屋公開


先生:
最近、いい感じで汚れてきている奥菜恵も昔CD出していましたね。売れてしまったものほど、需要と供給のバランスが崩れると値崩れを起こすのが資本主義の摂理です。助手の男らしい汚部屋からいっぱい写真集が出てきそうですね。ぜひ、全国のブックオフからあみーゴの100円写真集を回収してください。 そうすれば、希少写真集として値段が上がるかもしれません。

ちょっと調べてみました。2000年末に元所属事務所とのトラブルが起こり、実質的引退状態に追い込まれるのですが、それまでのあみーゴのチャート成績は、かなりのもんですね。シングルは3つの1位を含め全て5位以内、アルバムも1位か2位。

助手:
それだけを見ても、鈴木あみは98年を代表する存在だったことには間違いないです。
当時、写真撮るとき鈴木あみ風のアヒル口をするオンナノコがいっぱいいましたもん。手帳のプリクラとか見せられたら、そんな顔ばっかり。逆に怖いよっていう。