チャクラに参加したきっかけ

ガイド:
小川美潮さん、はじめまして。僕はリアルタイムでチャクラを学生時代に聴いていたので、今回このような機会でお話が聞けるのがとても楽しみです。伺いたい事はいろいろあるのですが、今回は、チャクラの2枚のアルバム『チャクラ』『さてこそ』がボーナストラック5曲を追加して10月19日に発売となったので、チャクラ時代のお話を中心に進めていきます。チャクラのデビュー・アルバムは1980年ですが、小川さんはいつごろ、どのようなきっかけでチャクラに参加する事になったのですか?

小川美潮:
中学の頃やみくもに「お母さん私は歌を歌うのよ」と言ってみたり、高校を卒業する頃、新聞で東京キッドブラザーズの募集を見てオーディションに行ったりと、心の奥では何かそういったものは芽生えてたのかもしれないけれど、普通にOLになろふと思ってビジネススクールに行ったんです。でも1年経った頃、やっぱり会社勤めは向いてないからやめた方がいいなと思って、やっぱり歌か芝居かな、と(笑)。そしたらある日、ボーカルを捜してるバンドがあるからと紹介されてオーディション受けに行ったんです。受かって、それがチャクラになるわけですね。ちょうど19歳の春です。

ガイド:
確かに会社勤めしている小川美潮さんは想像しにくいです。
当時、時代はテクノポップ~ニューウェイヴに染まっていて、チャクラもそんな時代の空気の中で登場したバンドでしたが、小川さんはその中にいるという意識はあったのでしょうか? 僕の中では、チャクラは何処にも属さない唯我独尊的な存在でした。

小川美潮:
たしかにチャクラはどこからも少し浮いていたかもしれませんが、そんなこと言ったらみんなそうでしたよね(笑)。ジャンルについてはあまりピンとこなかったような気がしますが、そのような呼び方をされる事に特に抵抗はありませんでした。イベントでみんなに会ふのは楽しかった。特にジューシィ・フルーツ、ヒカシュー、ビジネス、イミテーション、とはよく一緒になりました。