Perfume対談、復活です。今回は、Perfumeの『GAME』について博士、助手を迎えてトライアングル対談。
amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
GAME【通常盤】
GAME【初回限定盤】
01. ポリリズム
02. plastic smile
03. GAME
04. Baby cruising Love
05. チョコレイト・ディスコ
06. マカロニ
07. セラミックガール
08. Take me Take me
09. シークレットシークレット
10. Butterfly
11. Twinkle Snow Powdery Snow
12. Puppy love


祝!オリコン1位

先生:
Perfumeの初のオリジナルアルバム『GAME』が遂に発売されましたが、フラゲの4月15日はディリーで1位、一時HYに迫られながらも振り切って、ウィークリーも1位とPerfume黄金期を感じさせます。

博士:
『ポリリズム』発売時、「今がピークなのか?」と思わせましたがそうでは無かったわけです。どんどん来ますよ!! あえて第一次黄金期と言っておきましょう。

助手:
デイリー1位の日は、恒例の祝勝会をいつもの居酒屋でしました。涙が出ましたよ。いい音楽がちゃんと売れた!日本って案外いい国なのかも(?)と思いました。

先生:
お母さん、赤飯炊いてくれたらしいですね。
今回、『GAME』発売まで情報を結構前から細切れに流していったのは巧妙です。「ナタリー」という音楽ニュースサイトがありますが、何故かPerfumeに異常なまでのこだわりを感じます。登録アーティストだけで送ってくれるメルマガも便利です。

助手:
ナタリーの情報の速さは異常ですよね。木村カエラが自身のラジオの生放送に間に合わなくて、ゲストだったPerfumeが代打でパーソナリティーを務めたときなんて、リアルタイムで情報が更新されてましたからね。おかげでボクもラジオを聴くことが出来ました。Mステでt.A.T.uの穴を埋めたミッシェル・ガン・エレファント級の男気でした。ミッシェルの遺伝子を受け継ぐアイドルですよ。

男は2枚買い!

先生:
t.A.T.u.・・・(苦笑)。限定盤と通常盤が出ましたが、博士と助手はどうしましたか?

博士:
一応礼儀上限定版は押さえましたが、私的には通常版のジャケがいいですね。当然、通常版もGETしました。三人おもむろに立ちすくむシンメトリックな構図はそれだけでアートです。是非ポスターが欲しいですね。

助手:
ボクもアートワークは通常版が好きなのですが、DVD特典が欲しいので限定版も買いました。まんまと売り手の狙いに乗っかったカタチです。いいんです!少なくともボクの買った2枚がデイリー1位につながってるんですから。

先生:
もはやPerfumeのジャケ・アートというのは、アイドルのクオリティーではないですね。

博士:
一見ゴスロリ風とはいってもありきたりじゃない。優雅なロココやビクトリア朝とは違ってなんだか大航海時代を思わせるちょっとダーティーなイメージ。女王のようなあ~ちゃん。のっちの王子指数は益々アップ。良く見ると片方の袖が無くなってて超ワイルドですよ!! 特にかしゆかの見下ろす様な不適な表情がなんかぐっと来ますね。拳法の達人みたいです。

先生:
かしゆかは微妙に暗黒度が増してきてイイですね。かしゆかのパッツンも大正解! 最近では中島美嘉がやっていますが、眉が隠れるくらいの長い目のパッツンは、ロックです。

じゃ、サウンドの話へ移りましょう。ずばり、インパクトが強いアルバムです。奇をてらったものではなく、力量を見せつています。