復活!!YMO

キリンビールのCMは、ノスタルジックなシリーズが続いていますが、サディステック・ミカ・バンドの次は、幸宏つながりでYMO。三人が久々に集まってレコーディングしたエレクトロニカ風「RYDEEN 79/07」が配信のみでしかリリースされないのは、少し残念ですね。こちらはセルフ・カヴァーですが、YMOがカヴァーした曲を今回は検証してみたいと思います。カヴァーというのは知識とセンスが必要です。YMOのカヴァーというのは、その両方を兼ね備えたものであることが実感できるはずです。

RYDEEN79-07.COM

ビートルズ

The Beatles 1
The Beatles「Day Tripper」
1965年に「恋を抱きしめよう」と両A面扱いでリリースされたシングルで、オリジナル・アルバムには収録されない曲。「Day Tripper」のネタ元は、Bobby Parkerの「Watch Your Step」。DevoがRolling Stonesの「Satisfaction」をカヴァーしたのはニューウェイヴな事件でしたが、『Solid State Survivor』(1979年)で、YMOがニューウェイヴなセンスを持っていた証明となる曲。Sheena & The Rokketsでも“Devoの「Satisfaction」”をカヴァーしていた鮎川誠の起用は大正解。ライヴ・ヴァージョンとしては、『Public Pressure』(1980年)、『Live At Greek Theatre』(1997年)、『Fackerholic』(1991年)などにも収録。

Yellow Submarine
The Beatles「All You Need Is Love」
ビートルズのアニメ映画『Yellow Submarine』(1969年)のサントラ曲というよりも、1967年6月25日に世界初宇宙衛星中継となった「Our World」で公開された曲として歴史に残っています。『YMO WORLD TOUR 1980』(1996年)で1分41秒のライヴ・テイクが収録されていますが、ロス公演が衛星中継された際にこの曲をカヴァーするというのは、やはりYMOらしい。高橋幸宏と親交のあったTony MansfieldのNew Musikによる同カヴァー・ヴァージョン(『WARP』収録)もぜひ聴いてください。