ロシア語では、「ВиаГра」。英語表記は、「VIAGRA」ではなく「V.I.A.《GRA》」または「V.I.A."GRA"」。VIAGRAは、お薬の商標ですからそのままでは使えないのでしょう。「V.I.A.《GRA》」とは、「V.I.A.」がロシア語で「ヴォーカル・楽器・アンサンブル」の略、GRAがウクライナ語で「演奏」とか「お遊び」・・・といったもっともらしい名前の由来が公式サイトなどで説明されていますが、後付けっぽいと疑うのは僕だけでしょうか? タトゥーの時も、「This girl love that girl」というのが名前の由来というのがありましたが、同じように僕は疑っています。

VIA GRA Official Website(英語)

さて、この美女たちはロシアでなくウクライナからやってきました。ウクライナは旧ソ連から1991年に独立した共和国。旧ソ連の新独立国であるNIS諸国(New Independent States)の一つでもある。ウクライナの独立は、ソ連崩壊の引き金ともなりました。欧州ではロシアについで面積が大きい国で、ウクライナ人(73%)、ロシア人(22%)など約5千万人が住んでいます。ウクライナは、ロシア、ハンガリー、ルーマニア、モロドヴァ、ポーランド、スロヴァキアに囲まれており、南には黒海がある。首都は人口約260万人のキエフで、かって「ソ連のパリ」と呼ばれました。そして、ウクライナは、旧ソ連時代にキエフ近郊で起こった1986年のチェルノブイリ原発事故による被曝体験国でもある。

amazon.co.jpにあるCD・書籍は、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
ウクライナと言えば、ピエール瀧・著の『屁で空中ウクライナ』(2001年)ではなく、美人の国としても有名。と言っても、ウクライナに行ったわけでないですので、受け売りです。ウクライナ人は1人知っていますが、残念ながら男性です。スラブ系で言語的には東スラブ族(ロシア人、ウクライナ人、白ロシア人〔ベラルーシ人〕)。ウクライナではタタール系(チンギスハン率いるモンゴル系の血筋)などの諸民族との混血が進んだために美人(エキゾチック)が多くなったという説もある。、最近では多くのファッション・モデル人材も輩出する国。当然ですが、バイアグラもエキゾチック&セクシー美女集団。では、ころころ変わってきたメンバーの紹介も兼ねて、彼女たちのアルバムを紹介します。