ポール・ウェラーの若さは探求心の賜物

最新ライヴ・アルバム『キャッチ-フレイム!』。ベスト盤ばりの内容にシビれます。
クールなロッカーといえば、やはり真っ先に ポール・ウェラーの名前が思い浮かぶのではないでしょうか。彼のクールさと若さの秘訣は、10代の頃から変わらぬ音楽への飽くなき「探求心」に尽きます。

ザ・ジャム→ザ・スタイル・カウンシルと、グループでの活動を経て、ソロとして精力的な活動を続けるポールは、現在48才。けれど、キャリアやスキルに甘えることなく、自らのギター・サウンドを果敢に追究する彼の姿は、今も多くのアーティストに大きな影響を与え続けています。

そんな彼の音楽人生の集大成を感じさせる最新ライヴ・アルバム 『キャッチ-フレイム』。ベスト盤ばりの選曲によるこの2枚組作品でも、そのみずみずしい探求心を堪能できるはず。

もちろん、モッズ精神に培われたスタイリッシュなファッション・センスと、引き締まったスリムな体型も、今なお抜群に素敵です。

刺激で輝く、デヴィッド・ボウイの妖しい魅力

妖しい美貌が魅力の、デヴィッド・ボウイ。この人に次ぐ美しいロッカーは、いまだにあらわれていないような気がします。
世界でもっとも美しい男と言われる、 デヴィッド・ボウイ。どこかミステリアスな雰囲気を漂わせる彼にとっては、役者として映画に出演することなどで得る「刺激」も、若さの秘訣かもしれません。しかし、ここ最近は、ライブ中にファンが投げたロリポップ・キャンディの棒が目に刺さったり、動脈閉塞の手術を受けるなど、不運続きだったといいます。

そんなボウイは、現在、映画『メメント』などで知られる英国人監督クリストファー・ノーランの最新映画『The Prestige』(日本公開未定)の撮影に挑んでいるそう。きっと役作りを通して、還暦直前だというのが信じられないその妖しい美しさに、またもや磨きがかかるに違いありません。

年齢やキャリアにとらわれることなく、恋愛や好奇心、探求心や刺激をバネに、ますます色香を増す美しきロッカーたち。ミック・ジャガースティーヴン・タイラーポール・ウェラーデヴィッド・ボウイ。彼らをお手本に、あなたも明日からエイジレス・セクシーを目指してみませんか?

【関連記事】
「お笑い芸人はなぜモテるのか?」(All Aboutお笑い)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。