ちょっぴり不良っぽい雰囲気をもった、ちょい悪オヤジがモテる……なんて言われています。そんな不良っぽい雰囲気作りに欠かせないのがロックの香り。そういえば、ロックスターは歳をとるほどにセクシーになっていく気がします。年齢を超えた色香を放つ、エイジレス・ロッカーたち。彼らに学ぶ、ちょいモテの秘訣とは?

ミック・ジャガーに学ぶ、永遠のモテ心

中央左がセクシー・ロッカーの雄、ミック・ジャガー。還暦を過ぎたとは思えません。(C)Steven Klein
セクシーなロッカーの象徴といえば、やはりザ・ローリング・ストーンズのフロントマン、 ミック・ジャガー。彼のエイジレスな色香の秘訣は、なんといっても「恋愛」。

元ブラジル人モデルから子供を認知するように訴えられたり、2年前にもスタイリストのローレン・スコットとの親密交際が報じられたり。以前交際していた元スーパーモデルで歌手のカーラ・ブルーニとも、いまだに深いつき合いをしていると噂されたり。

還暦を過ぎた今も、恋の噂が絶えることはありません。

3月に行なわれた、最新アルバム 『ア・ビガー・バン』をひきさげての日本公演のステージでも、巨大スクリーンに映し出された女性客の姿を見て、「コンヤ、ドウ?」と、日本語で言ったとか言わなかったとか。
最新アルバム『ア・ビガー・バン』。相変わらずみずみずしいサウンドが素敵です。


さすが、音楽界きってのセクシー・ロッカーといったところでしょうか。

この生涯現役のモテ精神こそが、彼の若さの源であることは、どうやら間違いなさそうです。

次のページでは、スティーヴン・タイラーにみる、キュートな大人の魅力をご紹介します>>