久々に登場したYAMAHAのDTM用キーボード

USB KEYBOARD STUDIO KX25
YAMAHAから登場したUSB KEYBOARD STUDIO KX25

各メーカーからUSB-MIDIキーボードが発売されている中、MOTIFなどのシンセサイザキーボードを除くと唯一出していなかったのがYAMAHAです。振り返ってみると、DTM専用のMIDIキーボードとしては1998年に発売されたCBX-K2というモデルが最後でした。

そのYAMAHAが満を持して発表したのが
   USB KEYBOARD STUDIO
というタイトルの3製品です。具体的には
   KX25、KX49、KX61
という3つの型番で、その名称からもわかるとおり、KX25が25鍵盤、KX49が49鍵盤、KX61が61鍵盤となっています。発売は3月1日の予定で、すべてオープン価格ですが実売価格的にはKX25が29,800円、KX49が34,800円、そしてKX61が39,800円とのことですから、他社製品と比較しても無難な設定となっています。

しかし、このKXシリーズは後発なだけに、他社製品にはない強力な機能を多数装備しているのです。そうした機能について見ていきましょう。


37個のボタンと4つのノブでCubaseをコントロール


今回、YAMAHAから一番小さいKX25を借りて使ったのですが、製品を見て最初に目につくのがボタン類の多さです。数えてみると37個。また、左上には4つのノブがあります。また、その中央にはLCDのディスプレイがあるのですが、これらはまさにPC/Mac側のDAWをコントロールするための操作子となっているのです。

Cubase AI4
USB KEYBOARD STUDIOにはSteinbergのDAW、Cubase AI4がバンドルされる
一応対応DAWとしてはLogicPro、Digital Performer、SONARというモードがありますが、やはりベストマッチはなんといってもCubaseです。正確には
   Cubase4
   Cubase Studio4
   Cubase AI4
の3つとジャストフィットするように設計されており、Cubase AI4がこのKXシリーズにバンドルされているので、これからDTMをはじめるという人でもすぐに使えるDTMセットとなっているわけです。

ただし、このKXシリーズにはオーディオインターフェイス機能は搭載されていないので、これは別途入手する必要があります。