SingerSongWriterやSound it!で著名な日本のソフトメーカー、インターネットから新コンセプトの音楽制作ソフト、MIXTUREが登場しました。ACIDっぽくもありSSWっぽさもあるユニークなソフトです。

直感系音楽作成ソフトウェア、MIXTURE


MIXTURE
Singer Song Writerなどのインターネットが開発したMIXTURE
6月8日に12,600円という価格でインターネットから発売されるMIXTUREは、Windows向けの初心者用ソフト。

音楽の専門知識、楽器の演奏能力がなくても、プリセットされたプロミュージシャンの演奏をレコーディングしたフレーズ素材や伴奏のパターン素材、コード進行の素材をマウスでブックのように組み合わせるだけで、クォリティーの高いオリジナル音楽を作ることができる、というコンセプトのソフトとなっています。

もちろん、単なる組み合わせでの音楽制作だけでなく、ボーカルやギターなどのレコーディングも行え、完成した楽曲は音楽CDにしたり、MP3やAACなどのデータにすることもできるというものです。


見た目はまさにACIDやGarageBand


MIXTURE
画面下から上へループ素材をドラッグして貼り付けていく手法はACIDソックリ
画面を見て、おやっ、と思った方も少なくないでしょう。そう、このMIXTUREはACIDやGarageBandなどとよく似たループシーケンサなのです。

実際の使い勝手なども、ACIDとソックリ。画面下に表示されているループ素材を画面上のトラックへドラッグして貼り付け、それを引き伸ばすことで、ループが繰り返されるというものです。また画面下でどんな素材なのかプレビュー演奏することができるので、気に入った素材をトラックへ持ってくることができます。

もちろん、ループシーケンサですから、テンポが変わっても、すべてのループ素材はそのテンポにマッチするようになっています。