ミスマガジン2007も勢揃いで華を添えました!


ミ ス マ ガ ジ ン 2 0 0 7 の 面 々
山口沙紀
伊勢みはと
あいか
中島愛里
鹿谷弥生

前回の特集で取り上げなかったのでここで取り上げて起きます。ですが毎年前年の受賞者が登場した際に「おお!久々に全員揃ったか!」という歓喜の声というかどよめきが起こるのですが、今年は正直少なかったように思います。歴代と比べるのもなんですが、現状フットサルチームに残ったのは伊勢みはとと中島愛里だけですので、そこ(フットサル)に参加していなければ、その他の露出が物差しになるかと(グラビア誌を出倒した感のある者もいなければ女優路線をひた走っている感のある者もおらず)…今回の声援はその辺がリアルに評価された反応だったのでは?と思いましたが、中川翔子のように数年後になって「彼女もミスマガ出身なの?」と言われるビックバン時代がくる可能性も十分あるので今後に奮起願いたいと思います。

G Y A O 賞 : 森 は る か
22歳(1986年6月17日生) 大阪府出身 O型 T161 B86 W58 H88

史上初の「マネージャー+アイドル=マネドル」の誕生です!…なんと彼女はヤングマガジン2008の関西オーディションに、タレントの引率で会場に来ていたマネージャーさんだったそうです。しかしそんな彼女を「君が何故マネージャーなの?」と、講談社のスタッフに声をかけられて「ならば私が!」と急遽2日目のオーディションに参加したのがきっかけで、あれよあれよという間にGYAO賞を受賞してしまったという変り種なのです。今回のお披露目でも最初はスーツを着てコーナー進行のMCをしていましたが「実は私も受賞者なんです!」といって水着に着替えるという演出がありました。そしてこの真っ赤な水着のお披露目!…最年長の色気とナイスBODYに目を奪われました。MCもそつなく嫌味の無いTALK回しで大器晩成型の片鱗を覗かせ、業界で重宝する匂いを漂わせていましたので色っぽいグラビアとのギャップをうまく演出して伸びてもらいたいと思います。北乃きいと和希沙也と安めぐみを足して3で割ったようなルックスと癒しオーラは隣りに15歳の望月美寿々を置いても見劣りしない華があって良かったです。 オフィシャルブログも既に展開

G Y A O 賞 : 望 月 美 寿 々
15歳(1993年5月3日生) 新潟県出身 B型 T151 B85 W54 H80

言い方が古いですが「トランジスタグラマー」と言える弾けそうな胸元が気になる15歳(この画像だとその良さが伝わりませんですいません)…まだまだタレント性も心身も発達段階でかなりの未知数ですが、当日会場で終始ニコニコと笑顔を振りまく姿勢は万民が認めるキュートさ!また新たに「妹系」美少女が誕生した!といった印象でした。胸が大きいからといって体全体が大きくプクプクしたタイプではないので色んなグラビアのバリエーションが撮れそうで今後の作品にも期待できます。体が小さいですしどうしても可愛らしさが先行しますが、よ~く見ると目元の透き通ったCOOLさは今後かなり化けるのでは?と思わせる一面も!…事務所の裁量に関わってきますが焦らずじっくり構えて成長して頂きたいと思います。 オフィシャルブログも既に展開

G Y A O 賞 : 小 池 唯
17歳(1991年4月4日生) 埼玉県出身 A型 T156 B78 W61 H83

きました!きました!ここに出てきました!…当日はサプライズ的な演出でこのGYAO賞の発表が行なわれたのですが、ガイドはそれまで「ミスマガからなぜこの子が落選してしまったのか?」と不思議に思っていた程でした。それぐらい言ってもおかしくないもう1人の美少女である彼女は、ここに小池唯あり!といえる透明感あふれる水着姿を披露してくれました(オレンジが実によく似合う…)。サイズを数字で表すとそれ程「お!」と食いつくモノでは無いのですが、実際の本人を見ると可愛らしい中にも女性的な美しさをかもし出すなんとも言えない母性愛にも似た癒しオーラを放出していてかなりの存在感で会場が包み込まれました。彼女をミスマガ絡みでも見続けられる喜びを噛みしめたFANはかなり多いと思います。 ブログも頑張ってます!


※All About[アイドル・タレント]の著作権は、取材・文・撮影・編集のガイドに帰属します。
※画像の肖像権は各モデルさん及び、所属事務所に帰属します。
※記事・画像の無断使用及び直リンクは営利・非営利を問わず禁止します。

次のページはおおとりの登場&フットサル情報をお送り致します!