ホラーが大好きな人もいれば、絶対に見たくないって言う人もたくさんいますよね。今回の記事では、、ホラーが嫌いな人でも楽しめるような、少しだけ怖い映画を集めてみました。また、何が怖いのか、なぜ怖いのか、分析してみました。パターン化してみると、あまり怖くないかも? それでも怖いかも? あなたはどちらでしょう?

ホラーはヒットしにくい

『シックスセンス』の画像
シックスセンスは歴代で一番ヒットしたホラー作品。
全米で一番ヒットしたホラー作品は、何だと思いますか? 99年の映画『シックス・センス』です。主人公は幽霊が日常的に見える少年。全く怖くないかといわれると、人それぞれなのですが、最後に待っている大きな驚きのおかげで、恐怖も吹き飛んでしまいます。

次が2000年にデジタル・マスター版になって蘇った名作ホラー『エクソシスト ディレクターズカット版』。怖いシーンがありますのでご注意を。『最終絶叫計画』『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』『ザ・リング』『THE JUON 呪怨』『最”新絶叫計画』と続きます。(これらは、かなり怖いです)。

300位より下では、『インタビュー・ウィズ・バンパイア』『スクリーム』などがあります。『スクリーム』は、ホラー映画の含蓄がちりばめられた面白い映画です。


インタヴューウィズバンパイアの画像
『インタヴュー・ウィズ・バンパイア』は、ホラー7位のヒット作。トム・クルーズやブラッド・ピットなどオールスター出演作。
日本映画のリメイクホラーが2本とも歴代ヒット作300位以内に入っているのはすごいことですが、一番のヒット作『タイタニック』と比べると、6分の1の興行収益です。ホラーは、R指定やPGー13などのレイティングのおかげで、ヒットしにくい面があります。にもかかわらずヒットした映画は、個性的で、ちょっと怖い映画も多めです。

レイティングのR指定は、アメリカでは、17歳以下は保護者の同伴が必要。PGー13は、一部子供に適さない場面があるため、保護者の同意が必要というもの。日本では、PG-12、R15などの区分があります。日本では、ほとんどのホラーがPG-12、つまり保護者の同意の下で鑑賞することになっています。
次ページでは、幽霊映画の隠されたテーマについて>>