その声は永遠に

Mr.BOO!ミスター・ブー
『Mr.BOO!ミスター・ブー』(ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン)
テレビ放送時の吹き替えをそのまま収録。あの爆笑が蘇る!!
冒頭に記したように、広川太一郎の仕事は多岐に渡り、その全てをここで紹介することは残念ながらできません。ただ一つだけ付け加えて置くならば、コミカルな作品ばかりクローズアップされてしまいがちですが(このコーナーもまた、そうなってしまいましたが)、シリアス作品で耳にする低音の美しさこそが、広川さん本来の持ち味なのかもしれません。

ただ、プロフェッショナルとして常に作品のクオリティを高めようとする努力から、あの決して他人にはマネできない「広川節」が確立させたのでしょう。あのいかにも口からでまかせのように軽~く聞こえてしまうフレーズの数々も、収録前に広川さんが睡眠時間を削ってまで考え抜き、台本が真っ黒に成る程手書きで書き込んだ結果なんですから。

今後、新たな「広川節」を楽しむことができないのは、涙が出るほど哀しいことですが、先の「モンティ・パイソン」のように、幸いにも過去の名吹き替えが、DVD作品となって復活するケースが、最近目に見えて増えてきています。「Mr.BOO!」シリーズもそうですし、アニメでは『チキチキマシン猛レース』のキザトト役を楽しそうに演じる広川さんの声を、DVDで楽しむことができます。

最後にもう一言だけ

私達ファンは、まだまだ広川さんの声を、アニメや海外ドラマや、ナレーションで楽しめるものと、勝手に思っていました。まったく心の準備ができていなかっただけに、今は悲しみよりも、心の中にぽっかり穴が開いたような空虚感の方を強く感じています。

正直、こうした文章を書くことも、ついさっきまで思いもよらなかったほどです。でも今は違います。残された我々にできるのは、広川太一郎という人の素晴らしさを、今後も伝え続けていくことだと思います。それが、今までさんざん楽しませてくれた広川さんにできる、唯一の恩返しなのかもしれません。

【関連リンク】
バラエティ文化論

【最近の記事】
TVで楽しむ!! 特選ヒッチハイクガイド
マラソンとバラエティの不思議な関係

【おすすめガイド記事】
小島よしおのギャグのルーツはどこに?
あえて今、ロンブー淳について考えてみる
“エンタの神様”について考える


■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。