コース別教育資金準備の目安額を整理しましょう。今回は、高校までは公立を進み、その後、大学まで通う場合です。

大学だけ私立コースでかかるお金

幼稚園は公立が少ないので、前提として私立になりますが、それ以外は公立を中心に進み、大学だけ私立だった場合にかかる教育費の目安は次の通りです。

□大学は私立文系(自宅通学)=約1360万円
□大学は私立文系(自宅外)=約1700万円
□大学は私立理系(自宅通学)=約1486万円
□大学は私立理系(自宅外)=約1826万円


(高校までは文部科学省「学習費調査(平成18年度)」より。大学のデータは、文部科学省「私立大学等の平成19年度入学者に係る学生納付金等調査結果」、日本学生支援機構「平成18年度 学生生活調査報告」、日本政策金融公庫総合研究所「平成18年度 家計における教育費負担の実態調査」より豊田作成)

大学でかかる費用には次のようなものも含まれます。
  • 入学までの受験の費用……受験料、大学納付金(未入学大学含む)、住まい探しの費用など
  • 学費など……入学金・授業料・施設利用料など学校納付金、教科書など
  • 生活費……通学費、食費、住居・光熱費、保険衛生費、娯楽・嗜好費など
教育資金の準備は子どもが生まれたら始めましょう

教育資金の準備は子どもが生まれたら始めましょう

参照:
幼稚園でかかるお金

小学校でかかるお金
中学校でかかるお金
高校でかかるお金
大学でかかるお金
文部科学省「子供の学習費調査」