専業主婦やパートでも死亡保険は必要?
 

この子がある程度大きくなるまでは、専業主婦でも死亡保険があると安心なのね!

この子がある程度大きくなるまでは、専業主婦でも死亡保険があると安心なのね!

次に、専業主婦の保険についても考えてみましょう。

よく、「家計を支えているのは夫だから、妻にはあまり死亡保障は要らない」と思われがちですが、一概にそうとも言えないのです。

例えば、小さなお子さんがいて妻に万が一のことがあった場合、夫が仕事もしながら家事育児をこなさなくてはならなくなるでしょう。近くに両親が住んでいて家のことを助けてもらえるとか、仕事の融通が利くのでなんとか家事育児も両立できる、という場合はまだいいのですが、必ずしもすべての男性がそうとは言えない状況です。

ベビーシッターや家事代行サービスの助けが必要な場合、子どもがある程度成長するまでは、まとまった費用がかかります。その分の費用も貯蓄や夫の収入で賄えるなら安心ですが、不安な場合は共済や割安な掛け捨て定期保険などで、妻にも死亡保険を掛けてみるのもいいと思います。収入の割合が高い妻も、保険金額にベビーシッターや家事代行費用を上乗せしておくといいでしょう。

縁起でもない、と普段はあまり考えない「万が一」のことですが、小さいお子さんがいらっしゃる方やこれからお子さんを希望されているご夫婦は、それぞれの万が一についても話し合われてみてください。

次回は、夫婦で住宅ローンを組んでいる場合の「万が一」についても、書いてみたいと思います。

【関連リンク】
共働き妻が死んでも夫は遺族年金を貰えない?
年の差カップルの家計診断~姉さん女房編
共働き夫婦、結婚したら保険も2倍?
DINKSための保険1/保険のいろは
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。