外貨MMFで始める外貨投資

グローバル化した生活の中では、円の保有だけでなく外貨への分散投資することも必要に。

グローバル化した生活の中では、円の保有だけでなく外貨への分散投資も必要に。

アメリカの景気減速懸念や欧州の債務問題を背景に、円高が再び進行。10月にはいって戦後最高値を更新しました。対米ドル、対ユーロだけでなく、豪ドルなど幅広い通貨に対し円は高値圏で推移。さらなる円高進行も否定はできませんが、為替差益を狙うなら、やはり円高の局面は外貨投資のチャンスでしょう。

最近は、円高が進んだ日の銀行や金券ショップの外貨両替窓口は長蛇の列。ドルやユーロが売り切れて買えなかった、という人も少なくないようです。せっかくのチャンスを逃さないためには、ネットで外貨を購入できるようにしておくのが便利ですよ。

ネットでできる外貨投資で最近注目を浴びているのはFXですが、安定したな運用を目指す人には、投資信託の一種である外貨MMF(マネー・マネージメント・ファンド)という選択肢をおすすめします(詳しくは外貨MMFのメリット・デメリットも参照)。日本では主に※ドル建て、ユーロ建て、濠ドル建て、カナダドル建て、ニュージーランドドル建てのMMFを購入することができ、証券会社や一部の銀行で取り扱われています。

安定した運用で為替利益を狙う。しかもその利益は非課税!

外貨預金と違い外貨ベースでの元本保証はありませんが、外貨MMFが比較的安全といえる理由は、高格付けの国債や公社債などが投資対象だから。しかも残存期間の短い債券を選んでいるので、満期までの価格の変動が少なく安定しています。

税金面でも見逃せないメリットがあります。外貨預金の場合、為替差益は雑所得として総合課税されますが、外貨MMFの場合、為替差益は非課税!将来的な円安の流れを狙う方にとってはとても有利です。分配金は利子所得として20%が源泉分離課税され、月末に再投資されています。詳しくは外貨投資の税金も参照して下さい。

まだある外貨MMFの魅力は、次のページで >>>