第1回ハワイ公演 1955年(S30)4月
『四つのファンタジア』『紅葉狩り』『日本絵巻』『日本の祭りと民謡』『釣女』『奴道成寺』
天津乙女・明石照子ら20名

第2回ハワイ公演

1956年(S31)3月~4月

『棒しばり』『春の踊り(レインボウ宝塚)』『二人袴』『日本の花』
綴克美・南悠子・那智わたるら20名

第3回ハワイ公演 1957年(S32)4月~5月
『娘道成寺』『宝塚花踊り』『鏡獅子』『花と人形』
天津乙女・神代錦・浜木綿子・藤里美保・内重のぼるら20名

カナダ・アメリカ公演 1959年(S34)7月~11月
『春の踊り』『四つのファンタジア』『宝塚踊り』
天津乙女・寿美花代・真帆しぶきら42名

パリ公演(第2回ヨーロッパ公演) 1965年(S40)9月~10月
『宝塚踊り絵巻』『世界への招待』
真帆しぶき・那智わたる・甲にしきら52名
*初めて洋物のショーを上演

第4回ハワイ公演 1966年(S41)4月
『日本踊り絵巻』『レインボー・タカラヅカ』
春日野八千代・加茂さくらら20名

第1回東南アジア公演 1973年(S48)11月~12月
『宝塚おどり』『ハロー・タカラヅカ』
初風諄・榛名由梨・大滝子ら28名

第3回ヨーロッパ公演 1975年(S50)9月~1976年1月
『ザ・タカラヅカ』 1部「ファンタジー・タカラヅカ」 2部「ビート・オン・タカラヅカ」
松本悠里・銀あけみ・初風諄・但馬久美ら46名  鳳蘭はパリ公演のみ参加
*ソ連では5都市72回、パリでは1ヵ月あまりの公演

中南米公演 1978年(S53)10月~11月

『ザ・タカラヅカ』 1部・日本物のショー 2部・洋物のショー

松本悠里・順みつき・大地真央ら35名

第1回東南アジア公演 1982年(S57)12月
『ザ・タカラヅカ』 1部「ジャパン・ファンタジー」 2部「タカラヅカ・ドリーム」
新城まゆみ・平みち・大浦みずきら35名

第5回ハワイ公演 1985年(S60)6月

『ジャパン・ファンタジー』『ドリーム・オブ・タカラヅカ』

松本悠里・宝純子・高汐巴・大浦みずきら40名