「宝塚ファン」ではメールマガジンのバックナンバーを公開していません。また申し訳ありませんが、再発行もできません。ですので不定期に、バックナンバーを少しずつご紹介いたします。

【54号 2001年3月22日発行】

■衣装に付いている“おかき”って?


久しぶりに宝塚テキWordといってみましょう。お題は——おかき。食べればパリっと……ちゃいまんねんっ! 衣装に付いている芸名が書かれた布のこと。?
……説明、終わってしまいました。“おかき”=名札!

ひと公演で何百枚という衣装が使われる。全く同じ衣装もたくさんある。名前が書いてないと、わかんなくなっちゃう。生徒も、そして衣装部さんも。誰が名付けたのか、その名札のことを“おかき”と言う。

“おかき”の人相——5cm×3cmぐらいの白い布。そこに苗字だけ書かれてある。それがすべての衣装に付いている。
付いている場所は、それを着て踊ったりしても、お客様から見えない場所。男役さんのジャケットなどは後ろの襟元、娘役のドレスなんかは、前の胸元や背中のファスナーの辺りなどなど。

“おかき”が付けられないほど小さなもの、例えば……蝶ネクタイなんかは、ペンで直に書いてあったりする。黒の蝶ネクタイに、どうやってペンで名前を書くのかって? 蝶々の部分は黒でも、白のゴムが付いていて、それを首に通すのだから、ゴムの部分に書けるのよん!

どれが誰の衣装かを示す“おかき”。本番中以外にこんな時に便利。それは「衣装合わせ」の時。

ご存知のように宝塚の衣装、毎公演すべてが新しい衣装ではない。以前使用した衣装を、飾りを変えたりリメイクして使用することも多い。と、ここまで覚えておいて下され。