科学の目でどんぐりを見る『どんぐりころころ』

『どんぐりころころ』
ここで購入!どんぐりのまわりには様々な生き物がいます。自然のサイクルの中のどんぐりを知ることができます。
マテバシイのどんぐりは秋に拾うことができますが、この写真絵本は、濃い緑の葉っぱの陰に小さな実がついた夏から、落ちたどんぐりの実から小さな芽が出る春までを追いかけて、どんぐりに凝縮される時の流れを感じさせてくれます。夏に茂る青々とした葉っぱは、時にオトシブミのゆりかごになり、まだ青いどんぐりの実に卵を産み付けていくゾウムシもいます。無事に茶色く色づいて落ちたどんぐりも、地面の中にもぐる前にシマリスに見つかったら、美味しいエサになります。でも、それでよし、それでよし。どんぐりは、まさに大きな自然の営みの中にいます。とても幸運だったどんぐりは、次の木になることができますが、そうでなくても、いろいろな場面で役割があるのです。子どもに拾われておもちゃになることも、どんぐりの1つの運命かもしれませんね。

■『どんぐりころころ』
写真:久保秀一
文:七尾純
出版社:偕成社
出版年:1990.2
価格:1,050円

どんぐりは、子どもたちにとって一番身近な木の実かもしれませんね。たくさん集めておままごとや工作に使うもよし、一粒埋めて、芽が出るのを見守るもよし、秋の遊びにぜひどんぐりに親しんでみてください!
All About「おもちゃ・絵本」メールマガジンのご登録はこちらへどうぞ!

<関連記事>
「秋はキッズと、どんぐり工作で遊ぼう!」(男の子育て)
「今日は3人でどんぐり大会だぁ!」(All Aboutチビタス)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。