第4位 ぐっと明るくキスしたい『ちっちゃくたっておっきな愛』

『ちっちゃくたっておっきな愛』
ここで購入!ネズミのちびちびくんには大好きな子がいます。背の高いその子にキスしたくて、いろんなものの上に乗って背伸びをします。
これはちびちびくん。だいすきなこがいるんだ。だけどそのこはうえのほう。ずっとずっと うえのほう。ちびちびくんはちっちゃいけど キスしたいからがんばった。

ちびちびくんはネズミの男の子です。大好きな女の子は背の高いのびのびちゃん。彼女にぜひキスしたくて、いろんなものの上に乗っかっていきます。指ぬき、マッチ箱、スイカ……。ちびちびくんの願いは叶うでしょうか。

指ぬきに乗り、マッチ箱に乗り……の部分が仕掛け絵本になっています。子どもも椅子やら踏み台やら引きずってきて大好きなパパやママにのぼりつきますから、子どもから大人への愛情と読むこともできるのですが、ここはちびちびくんのまっすぐな愛情をまぶしく受け止めましょう。好きな相手がいる男子の皆さんには、うじうじしないでいっぱい踏み台に乗って相手に思いを届けてもらいたいですね。キスの場面の仕掛けでは、二匹の表情も、大きさのアンバランスも(!)とても素敵です。

■ 『ちっちゃくたっておっきな愛』
作:ジーン・ウイリス
絵:ジャン・ファーンリー
訳:金原瑞人
出版社:小峰書店
価格:¥1,575
発行:2004/2004.10

第3位 カップルになってとわに『しろいうさぎとくろいうさぎ』

『しろいうさぎとくろいうさぎ』
ここで購入!とても仲良しの白いうさぎと黒いうさぎ。いつまでも一緒にいられるように、結婚します。
森の中に2匹の小さなうさぎが住んでいました。真っ白なメスの白いうさぎと、真っ黒なオスの黒いうさぎです。遊んだり、かけっこをしたり、タンポポを食べたり。でも、黒いうさぎは何だかどこか浮かない顔です。心配した白いうさぎが尋ねると、黒いうさぎはこう願い事をしているのだと答えます。

いつも いつも、いつまでも、きみといっしょに いられますように
じゃ、わたし、これからさき、いつも あなたといっしょにいるわ

なんというストレートさ! 恋人といつか別れるのが不安だったけれど、結婚をしたらもうハッピー、ハッピア、ハッピエストです。「ゴールイン」の恋愛成就の幸せを見せつけられると、降参するしかありません。しかも結婚したことで、2匹は以前のような憂いもなく、さらに幸せに楽しくなるのでもう参りますね。白と黒を基調にした絵の中で、結婚式の飾りのタンポポの明るい黄色がよく映えて、二匹の幸福が象徴されています。また、いつも一緒に2匹なのに結婚を考えあう場面だけ別々です。大きく見開いた目や不思議そうな顔に、プロポーズのドキドキが伝わってくるようです。

■ 『しろいうさぎとくろいうさぎ』
ぶん・え:ガース・ウイリアムズ
やく:まつおかきょうこ
出版社:福音館書店
価格:¥1,155
発行:1958/1965.6

第2位 あなたとの出会いを『まってる。』

『まってる。』
ここで購入!一人の男性の幼いころから老年まで。様々な「まってる」情景を、赤い毛糸で描き出します。
おやすみのキスをまってる。
あたらしい家族をまってる。

弟の生まれるのを待つ幼い日から、息子のお嫁さんにみごもった命を喜び、孫を楽しみにする日まで。一人の男性の一生の中のさまざまな「まってる」がシンプルな言葉で表現されています。恋人との出会いもあれば、出征もあり、愛する人との別れもあります。

ポイントはなんといっても赤い毛糸でしょう。一緒に寝ているタオル、運命の人と結びつける「赤い糸」、生まれたばかりのわが子のへその緒。すべてが赤い毛糸のワンポイントで表現されています。ママの手編みの赤いセーターはいかにも暖かく、永遠の別れを表現する切れた糸は本当に悲しく見えます。

人とつながることのできる幸せ。「まってる。」ものがある幸せを思います。あなたを「まってる。」と差し出せば、見事な恋愛アイテムになるなあと思ったら、しっかりご本人が話されていました(「全部、偶然ですよ」(小山薫堂))。

大人の味わいで読みたい絵本にぜひオススメします。手書き風の日本語訳と原文のフランス語が併記されています。

■ 『まってる。』
作:デヴィッド・カリ&セルジュ・ブロック
やく:こやまくんどう
出版社:千倉書房
価格:¥1,575
発行:2005/2006.11

>>次のページは いよいよ第1位!