バリエーションを増やすと折るのが楽しくなる!

お子さんが折り紙の折り方を覚えたら、いろんな紙を用意してあげましょう。大きな色紙、小さな色紙、和紙やキラキラ光るホイル紙……。大きな文房具屋や画材屋にいけばいろいろな種類の折り紙が販売されていますが、普通のお店にはなかなか売っていないもの。

そこで、Microsoftペイントを使って、自分だけのパターン折り紙を作るコツを解説します!また、ネットで手に入るフリーのパターン折り紙も紹介しますね。

<CONTENTS>
1ページ目:バリエーションを増やすと折るのが楽しくなる!!
2ページ目:用意するものは、カラープリンタとハサミだけ
3ページ目:いろいろ折り紙パターンリンク集


作品になるとこんなに違う!

市販のパターン折り紙
お花のために作られたパターン。
2頭のキリン
右が黄色単色で折られたキリン。左がキリンのアニマル柄の折り紙で折られたキリン
水玉やグラデーションなどの模様つきの色紙は、単純な折り図の作品でも豪華な雰囲気になります。右写真下の2頭のキリンの折り図は、市販の折り紙セットに添付されていたもの。同じ折り方でも、見栄えがずいぶんと違ってきます。

市販されているパターン折り紙は、使いたい色があってもそれぞれの枚数が限られていて、思いっきり使えないのが残念……。ホイルのように、ピカピカ光っている素材は無理でも、水玉やグラデーションなら、自宅のプリンタで印刷できそうです。

そこで、次は、好きなパターンをいくらでも必要な枚数用意できるように、折り紙を自作してみましょう。

>>オリジナル折り紙を作っちゃおう!>>