当てにされないお父さん

父親の腕にぶらさがって遊ぶ息子達
小さな時間を見つけて触れあおう。子どもはお父さんのことを知りたがっている
Q:子どもたちは母親の言うことは聞くけれど、父親の私の言うことは聞きません。仕事が忙しくて子どもに関わる時間が少ないためなのか、バカにされているみたいに感じます。3歳の息子は自我が芽生え、反抗的な態度を取るようになってきました。どう接していいのかわかりません。なめられているように感じてしまい、先が思いやられます。下の1歳の息子までが父親の言うこと聞かなくなる前に、何とか対策を考えたいと思います。どうしたら父親の威厳を示すことができるか教えてください。

子どもへの対応は大人と同じには扱えない

A:家族のために一生懸命にお仕事をすればするほど、家庭で過ごす時間が少なくなってしまうお父さん、大変ですね。ご苦労さまです。

1歳半頃から3歳ぐらいまでの反抗期の子どもは、我を張るなどして扱いにくい場合がありますね。この時期は自我が芽生え、自分の要求を通そうと主張するのですが、なかなか親にうまく言葉で伝えられません。そのために自分の欲求が思い通りにならないときに、すねたり、泣きわめくなどの態度になってしまいます。

大人の感覚で対応すると「自分をバカにしているから?」と思いがちですが、子どもには「大人をバカにする」という発想はないのです。自分をコントロールできないもどかしさや、大人と同じにようにできない腹立たしさで、自暴自棄になっていると受け止めてあげてください。「お母さんの言うことは聞く」という状況は、子どもの言いたい気持ちをお母さんが上手に汲み取ったり、言いたい気持ちを代弁する能力が優れているからではありませんか?

幼児期の子どもに理屈の正論で指示・命令を出しても、なかなか言うことは聞いてくれません。まして、お父さんが過ごしている大人社会の上司と部下のようにはいかないものです。子どもの語彙が増え、言語が発達すると反発の理由が分かりやすくなります。親が子の言動の意味を読み取ろうと努力することで親子の理解が深まり、自我に目覚めた反抗期の嵐から抜け出していくのです。