なぜ子どもの一言に腹が立つのでしょうか?

代替テキスト
「この子は私をバカにしてるの!?」と腹を立ててしまう経験はありませんか?
Q:日常会話の些細なことで、子どもに腹を立ててしまいます。 例えば、「ママみたいに会社にお勤めする人には絶対なりたくない! 自分のお店を持つ人になりたいの。何屋さんにするかは、まだ決めてないけどね」など。ちょっとしたことですが、かなりムッとしてしまいます。イライラする毎日を解消したいのですがどうすればいいのでしょう?

腹を立てないで聞くための、ちょっとしたコツ

A:子育て中にはイライラすることが多いですね。イライラしてしまうのも辛いし、イライラしている自分を「どうなの……私?」と考え出すとよけいに迷路に入ってしまいます。良いにつけ悪いにつけ、自分が自覚しているポイントを相手に指摘されると、感情センサーの針が反応するシステムがあります。相手が子どもであればなおさら「なんでこんなことを、子どもから言われなくてはならないの?」と感じてしまいがちです。会話とは情報や感情を伝えることです。お互いに無意識レベルで内容を自分流に翻訳して受け取るために、誤解が生まれやすいのです。翻訳のセンスやリズムが同じ場合には会話は心地よく続いていき、相性のいい人間関係となります。しかし伝えている内容は同じでも、肯定的に聞く場合と否定的に聞く場合では、会話の流れは大きく違ってしまいます。

腹を立てないで聞くためにはちょっとしたコツがあります。

・ 自分の反応をひとまず置こう
・ 相づちのバリエーションを持とう
・ ボディーランゲージに気をくばろう

自分の反応をひとまず置こう

会話がスムーズに流れるためには、話の内容を自分の価値観で判定するのをひとまず置いてみましょう。ご質問のママは「ママみたいに会社に勤める人には絶対なりたくない」と聞いた瞬間に、自分を否定されたように感じてイライラ!自分を否定している子どもに何と反論を返そうかと次にしゃべる言葉を頭の中でさがしていて、聞くことに集中できていないのでは?子どもが話の中で一番伝えたかった「自分のお店を持つ人になりたい。何屋さんかは決めてないけど」この2つのポイントを聞き逃しているようです。自分を否定されたり攻撃されていると感じると冷静に話せなくなります。会話の内容を自分の判断基準を通さずに、まずそのまま聞きましょう。会話を自分に対する否定や攻撃、嫌味と感じる必要はまったくないのです。スムーズに話しが聞ける人との違いはこの辺にあります。